2011年09月30日

通奏低音とclavecin独奏


8月7日(日)の某ホールでのピアノ独奏が終わってからは、9月3日(土)のチェンバロ独奏と23(祝)の通奏低音(コンティヌオ)の演奏会に向けて、チェンバロに向かう日々が続きました。

みなさんから「ピアノが弾ける人はチェンバロも弾けるのicon60」というご質問を、よくいただきますface01

ピアノとチェンバロ、外見は似ていますが「似て非なる物」、音を発する構造が異なります。

ピアノは弦をハンマーで打つ「打弦楽器」、チェンバロは弦をツメではじく「撥弦楽器」ですface08

それから、ピアノには通奏低音(コンティヌオ)はないですface02

今回の経験で、通奏低音は「私にとって修行の場icon196」「チェンバロ奏者の醍醐味face01」だと思いました。
もちろん、独奏を軽んじているわけではありません。

独奏スタイルは、通奏低音(コンティヌオ)より後に生まれたという、チェンバロの歴史を実感した次第ですicon100

そして、それらが顕著に感じられたのは、9/23(祝)のJ.S.BACHの曲の通奏低音を練習した後に、9/3(土)の独奏曲(F.クープラン・J.-P.ラモー・J.デュフリ)を練習すると、技術的に弾きにくかった箇所が、スムースに弾けるようになったり、発する音も、より撥弦らしい響きが出せるようになりましたface08

今回の事も「発見と驚きの一部」でしかなく、だからこそ、音楽教育家として、またひとりの人間としても、ますます精進していかねばと、痛感しました。



同じカテゴリー(チェンバロ)の記事画像
生徒さんのFBより(教室ご案内)
チェンバロ・ピアノ教室の概要
ピアノとスピネットの音楽教室
フレミッシュのチェンバロ教室
フレンチのチェンバロ教室
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(チェンバロ)の記事
 モダンピアノでバッハ、フォルテピアノでモーツァルト&ベートヴェン (2018-05-11 17:44)
 生徒さんのFBより(教室ご案内) (2018-04-28 20:50)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-03-08 17:20)
 ピアノとスピネットの音楽教室 (2018-03-06 18:53)
 フレミッシュのチェンバロ教室 (2018-03-06 16:57)
 フレンチのチェンバロ教室 (2018-03-06 16:51)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。