音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2014年04月18日

4月16日、早朝から、気分転換を兼ねて、日帰りのバスicon18の旅に行ってきました。

当日は雨icon03も降らず、お日様icon01も顔を出さなかったため、車中icon18の窓越しも暑くなく、動きやすいお天気で何よりでしたface01

朝が早かったため、バス車中ではお眠りface04ばかり、でも目的地に到着すると、フットワークも軽く、楽しいひとときでした。

当初の行程だった内牧温泉が、ホテルの事情で、筋湯悠々亭となりましたが、ここの昼食と温泉は最高、その後、阿蘇の草千里に行き(火口は残念ながら見学できませんでした)、阿蘇火口行きのロープウェイ乗り場横にある、観音像に祈願・お参りして、柳川を経て帰路につきました。
バスガイドさん曰く「日帰りで、福岡・佐賀・熊本・大分の4県をめぐるバス旅行はすごい!」との事、バス運転手さんの運転も上手で、ほとんど疲労感もなく、楽しい気分のまま、帰宅しました。日帰りなのでお手軽だし、機会があれば、また行きたいですねface02。  



2014年04月04日



至るところで、桜icon113が満開だった、3月30日の「音楽の宝石箱」icon65コンサートは、おかげ様で終了しました。
当日は、雨icon03模様にもかかわらず、また、年度末最後の日曜日で、いつも以上に多忙と思われるにもかかわらず、ご来場くださった皆皆様には、深く深く御礼を申し上げますface01
今回の演奏会場は、舞台がなく、お客様と同じ高さの目線で演奏する、昔の宮廷音楽スタイルの古楽コンサートicon58だったため、会場のお客様お一人お一人のお顔がクリアに拝見でき、楽器や楽曲の解説時も、「あそこに1人、あちらに2人・・・」と、温かな眼差しで私を応援して下さる、知人友人達のお顔を見ながら、お話させていただきましたface02。このようなアットホームな演奏会は、古楽ならではないかと思いますface01
上記のお花icon120は、知人のAさんからの贈物です。いつもの事ですが、今回も、Aさんだけでなく、多くの知人友人から、過分なお心遣いをいただき、奏者として冥利につき、本当に有難いかぎりですface01。私を応援して下さるお一人お一人の方々のご厚意に報いるべく、気持ちを新たに、次の事に向かって努力精進せねば・・・と思うのですが、いつまでこの気持ちが続くやら・・・。
改めて、ご来場下さったお客様に、このコンサートをお世話して下さったすべての皆皆様に、心より御礼を申し上げますface01。  



2014年04月04日


コンサートicon65で演奏する機会に恵まれると、必ずと言っていいほど、新たな出会い(ご縁)にも恵まれますface01
3月30日の「音楽の宝石箱」コンサートicon65での出会いは、当日、コンサートの総括マネージャーをしてくださったA氏でした。
コンサートicon58では、多くのスタッフの皆さんに、大変お世話になるにもかかわらず、当日は慌ただしさから、なかなかお礼を申し上げる事ができないためface07、私はできるかぎり、お手紙icon30やメールicon80icon82でお礼状を出すようにしてます。
上記の影絵は、Aさんからいただいた返礼icon82に添付されていたので、ご本人の許可を得て、掲載させていただきましたface02
Aさんは当日、たぶん、一生に一度あるかないか、調律師さんも長年この仕事をしてきたが、このような事故多発は初めて・・・というくらいの、楽器の不備から多々発生した事故の度に、マネージャーとしての本領を発揮してくださり、我々演奏者はAさんにどれだけ助けられたことか。
改めてA氏に、心から感謝すると同時に、影絵作家として、その他、幅広くご活躍されておられるAさんの、ますますのご活躍をお祈り申し上げ、御礼の言葉とさせていただきますface02。  




< 2014年04>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved