音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2013年04月17日

4月14日(日)、チェンバロ教室の空き時間を利用して、北九州市立響ホールで催された「第38回北九州新人演奏会icon64」を聴きに行きました。

この演奏会は、私が所属する「北九州音楽協会」が主催して、毎年4月の日曜日、北九州市立響ホールの大ホールで催されておりますface01

今年の出演者は5名で、時間の関係から3名の方しか拝聴できませんでしたが、皆さんとてもういういしく、ドレスicon71姿も美しかったです。それに、勉学に精進している様子が、彼女たちの演奏を通じて、観客席に伝わり、私にはとても良い刺激でした。

この演奏会は、名前のごとく、通常、大学を卒業されたばかりの新人音楽家達による演奏会icon58です。

だから私は、音楽協会の重鎮の先生たちから、「あなたはすでに他の土地で音楽活動をしていて新人ではないから、この演奏会に出演する立場ではないわよ」と助言され、残念ながら、自主的にこの演奏会に出演する機会は得られませんでした。
でも、有難い事に、バストロンボーン奏者のO君のおかげで、彼のピアノ伴奏者として、数年前に出演させてもらえ、良い機会を与えてくれたO君にはただただ感謝ですface01

毎年、多くの新人音楽家が誕生しております。
スペインの職人に対する格言ではありませんが、「どの分野も、マエストロになるためにと、一生、勉学に精進しても、マスターできない、頂点はない」と言います。今回の演奏会では、私自身も初心を忘れずに精進せねばと痛感した次第ですface02。  



2013年04月15日

4月13日(土)午前、淡路島付近を震源とする、M6強の地震が発生した事は、ニュースicon13や新聞等でご存じだと思います。
まずは、この地震で、お怪我をされた方・被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。
地震発生から約1時間後、フランス人の友人から、facebookicon81を経由して、安否を尋ねるメッセージが届きました。日本人だけでなく、外国人でも、日本の地理に詳しい方なら、震源地と私の住む北九州は近くない・・・という事を知らない人はいないので、安否のメッセージなんておおげさな・・・・と思われるかもしれませんが、2年前の東日本大震災の時も、ヨーロッパや南米など、日本国外に住んでいる友人達から、安否の問い合わせメッセージが送られてきて、前回も今回も、友人たちの心遣いと、文明の利器の便利さを痛感した次第です。震源地の人々には申し訳ないと思うものの、何かある度に、友人たちが気にかけてくれる事に、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。  


2013年04月13日

私の教室でチェンバロを学んでいたSちゃんが、4月から受験生になるため、6年間のお稽古に区切りをつけました。Sちゃんのご両親のご理解・ご協力の許、Sちゃんの成長と共に過ごせた事は何より私の宝物ですface01
最後の日、Sちゃんが感謝の気持ちをしたためたお手紙icon30をくれ、とても嬉しく感激した次第ですが、後になって、じわじわと、さみしさが湧いてきましたicon11。Sちゃんのお手紙は私的な内容もあるので、ここには掲載しませんが、真心のこもった丁寧な字で書かれていました。お手紙をいただいた時、受験に対する励ましの言葉と、感謝の気持ちを述べましたが、お手紙を繰り返し読んでいて、数日後、改めて、私もSちゃんへ手紙icon163を書きました。
Sちゃん、受験合格の吉報を待ってるよ!また会おうねicon100
昨年受験のため、お稽古に区切りをつけたYちゃんに続いての出来事に、新年度を迎える4月は、別れの季節でもあるのだなぁと痛感した次第です。そして、気持ち新たに、私の教室の生徒さんお一人お一人に対して、いただいたご縁に感謝を忘れず、私も努力精進せねばと思いました。皆さん、これからもよろしくお願いしますface01。  



2013年04月08日

4月7日(日)、福岡銀行大ホールで催された「クリスティーヌ ワレフスカ氏のチェロコンサートicon64」に行ってきました。
行きicon18はあいにくの雨icon03模様で、気温も低く寒さを感じましたが、在福岡米国領事館広報部のお誘いだけあって、2時間強のコンサートicon64は、どの曲目も充実した素晴らしい演奏、会場内はほぼ満席で、ワレフスカ氏の演奏に、聴衆の皆が静かに聴き入っておりました。
プログラムは、前半がドイツ系、後半がフランス系と、ワレフスカ氏の師、E.ボロニーニ作の曲でした。今風の現代解釈ではなく、作曲者の意向に忠実な演奏に、ドイツらしさ、フランスらしさを醸し出しておりました。特にボロニーニの曲は、唯一ワレフスカ氏のみ、師匠より演奏を許可されているだけに、技巧も表現力も卓越しておりました。
天神到着後、慌ただしく軽食をとって演奏会場へ行き、終了後はバタバタと高速バスに乗って帰宅した次第で、体調もいまいちでしたが、そのような中にも、演奏会はとても充実したひとときで、行ってよかったですface01

  



2013年04月06日

私は高校生の時から、ハードコンタクトを使用しております。
昨年3月、自宅近くの眼科で、コンタクトレンズを新調しました。
それからの3日間、左目のみひどく違和感があり、過去の経験から、新調したレンズがフィットしていないと判断、眼科を再受診して、左目のコンタクトを作り替えました。
最初のものよりはマシになったものの違和感は続き、検診で眼科を受診しても応対がいまいちで、まるでレンズを販売しているお店のような雰囲気に、でも市内には他に眼科がないことから、結局、この眼科での受診・相談をあきらめ、だましだましの日々を過ごしました。

先月、母がかかった市外の眼科の先生が、診察・応対がとても丁寧で、検査も納得するまで時間をかけてして下さるということで、診てもらいに行ったところ、右目は問題ないが、左目のレンズは目に合っていないと、作り替える事となり、その間の約2週間、花冷えから風邪の症状をかかえての体調不良の中、右目のみの矯正で、仕事はもとより、生活にも少々不自由でしたが、おかげでやっと、昨日より普段の生活になりました。

今受診している眼科の先生は、患者の立場になって、患者にとって一番良い診療を心がけている様子が、手に取るようにわかりました。待合室で待っている他の患者さん達も「ここの先生は腕がいいだけではない」と、慕って通っているようです。

どの仕事もそうですが、専門分野の実力だけでなく、お人柄やお仕事に対する考えをしっかり持つ事は、とても大事な事で、それを相手に伝える必要性を感じました。
私もチェンバロやピアノの専門分野に携わる者として、自覚をもって仕事に取り組まねばと思った次第です。  



< 2013年04>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved