音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2016年07月22日

私が指導する音楽(チェンバロ)教室icon64でレッスンを受けてくださる「Iさんのfacebookicon81」から。
もちろん、Iさんの許可を得て掲載させていただいておりますface01

学生の時、一応やったバッハのインヴェンション。
バッハと言うだけで、私は逃げてたけど、オルガン曲だけは頑張った。
<中略>
チェンバロを習い始めて、改めてインヴェンション弾くと、色んなことがいっぱい見えてくる。
当時はピアノで弾いてたけど、絶対チェンバロで弾かなくちゃいけない曲たち。
今でも、ついバッハは避けてるけど(曲は大好きですよ)そろそろ逃げずに向き合わなきゃいけないかな…
なんて思い始めてる今日この頃…<後略>

Iさんは演奏のお仕事(音楽活動)で毎日ご多忙なのに、ご自分のプライベートの時間を割いて、レッスンに来てくださいますface06
Iさん曰く「チェンバロのレッスンicon64で勉強するバロック時代の音楽は、音楽の基礎に通じており、ご自身の演奏レパートリー(クラッシック・ジャズ・ポピュラー)にとても有意義で役に立つ」との事ですicon22

昨今Iさんのように、バロックの演奏様式を基礎から学びたいという、音楽教室の講師や演奏活動をされる方々が教室icon65に来られます。
この方たちのレッスンicon58は、「装飾音とアーティキュレーションの付け方」について指導が主である傾向です。
なぜならば、これらが曖昧だと、バッハをはじめとするバロックのチェンバロ演奏は、曲の魅力が十分に表現できませんface07
またピアノで演奏するにしても、当時の楽器にはなかった「ペダル」をどのように活用するか?、チェンバロを通じてバロック音楽の理解を深めることで、ピアノ演奏も変わってきて、ピアノの指導にも役立ちますface02
現代ピアノの特性を生かしつつ、当時のスタイルに近づける演奏に興味をお持ちの方はご相談くださいface01

  



2016年07月09日

7月6日(水)、朝から、私が所属している「(公財)西日本産業貿易コンベンション協会」の「北九州市コンベンションボランティア会の研修会」に出席しましたface01

これは協会がボランティア会員向けに毎年行っている研修会で、カリキュラムが北九州市近隣の施設見学と講師を招いての講座となっています。


※安川電機未来館内のソフトクリームを作るロボット

一昨年は「門司地区」を、昨年は「八幡東区」の世界遺産にもなった八幡製鉄所や、旧松本邸で知られる西日本工業倶楽部に、いのちのたび博物館を、そして、3度目の今年は、八幡西区の安川電機の工場と未来館に、小倉北区のTOTOミュージアムを訪問しました。


※TOTOミュージアム内のミニチュア

どの施設も日頃、個人的に見学に行ける場所ではないので、施設見学は毎年楽しく、北九州ってこんなすばらしいものがあるのだなぁ・・・と、新たな発見があります。


※安川未来館内のロボット

そして、今回の講座は、5月に催されたG7をアテントした市職員のお話で、今までと違って、一般向けでとてもわかりやすくユーモアを交えてのお話に、1日があっという間に終わりましたface08

いつも私は、音楽教室でピアノやチェンバロを教える・・・という仕事の性質上、自分がお話する側なので、このような研修会は、仕事に役立てるべく新鮮、かつ、有意義です。研修会はいつも梅雨の季節なので、雨icon03の事が多いのですが、今年は幸い、暑いくらいのお天気icon01でした。




  



2016年07月05日

7月4日(月)、アクロス福岡へランチタイムコンサートVol.51icon58に行ってきました。

この日の演奏者は、第9回浜松国際ピアノコンクール優勝のイタリア人ピアニストとアクロス弦楽四重奏団という顔ぶれ。
演目は、リストのピアノソナタに、シューマンのピアノ五重奏と、聴きごたえある曲目でしたface01

開演前に、コンサートへ来たもう一つの目的である、10月に催される「新・福岡古楽音楽祭」関連のチケットicon64を購入して早めの昼食をアクロスの地下2階でとり、コンサート会場へ。

前日にチケットを購入したので、1階席の後ろよりは・・・・と、2階席の演奏者から見て真正面にあたる席をとりましたが、リストのピアノソナタもシューマンのピアノ五重奏曲も、楽譜を見なくても、作曲構造が良く理解できる演奏を聴いてつくづく、アクロス福岡シンフォニーホールはクラッシック演奏には適した音響の良いホールだと思いましたface02

当日午後は、下関の教室日icon65でもあったので、終演後は中洲からそそくさと高速バスに乗って下関へ向かいました。

念のため生徒さん達には、通常より30分遅、レッスン時間を組ませてもらいましたが、お陰さまで問題なく、いつもと同じく楽しく、かつ、有意義なレッスンをさせていただきましたface01

帰宅時には、教室オーナーから「たくさんいただいたからおすそわけ」と、全員にお菓子のお土産をいただくサプライズface08まであり、嬉しく有意義な一日でしたface01
  




< 2016年07>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved