音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2017年06月09日


先日、アクロス福岡シンフォニーホールで催された、西日本新聞創刊140周年記念行事「福岡・天神 薪能2017」を見に、友人のOさんと行ってきましたface01

私の専門はピアノやチェンバロのクラッシック音楽icon65で、日本の伝統芸能の「狂言・能」については全く知識を持っておりませんが、わからないなりにでも芸術鑑賞の一環として、また日本人としても、これらの日本の伝統芸能を拝見する貴重な機会と、楽しみに行きましたface01

当日の演目は、狂言が「悪太郎」、能は「土蜘蛛」と、どちらも素人にもわかりやすい内容の演目で、2時間があっという間でしたface08
特に能の「土蜘蛛」は、蜘蛛の糸を投げかける表現がリアルで、会場内の聴衆からも歓喜の声が聞こえました。
お客様には外国籍の方々も多く見受けられましたが、彼らも素晴らしさを実感した様子がうかがえましたface02

狂言や能は、本当は「能楽堂で観賞するほうがより良い」のでしょうが、コンサートホールでこのような催しを開催していただけると、敷居が少し低くなって観賞しやすいな!と、思いますface01

終演後は、いつものことく、友人Oさんと食事icon28をして、最終バスicon18で帰宅の路につきましたface05。  



2017年05月03日

4月末の日曜日、クラッシックコンサートicon58の中で「声楽が一番好き」という、いつも私の音楽活動icon64を応援してくださるF先生をお誘いして、ユメニティのおがたで催された「秋川雅史氏のテノールコンサートicon65」に行ってきましたface01

コンサートicon65前に、JR直方駅前の商店街で見つけた「小さいながらもおしゃれですてきな喫茶店」で、これまたとてもおいしい牛筋カレーと温野菜を昼食icon28に、食後はお手製にアーモンドシフォンケーキicon154に珈琲icon153をいただき、コンサートicon65へ。

コンサートicon65は、テノール歌手の秋川氏が1曲1曲、音楽の歴史や様式を解説しながら歌うという、歌手にとってはとてもハードな内容で、曲目はイタリア古典歌曲やアリア、日本歌曲と秋川氏がNHK紅白歌合戦で歌ったあの有名な曲から構成されていました。
2時間15分がアッという間face08、秋川氏の日頃の研鑽とお人柄が漂ったすてきなコンサートicon65でした。

帰り際、F先生から「お誘いの御礼に・・・」と、人吉茶と湖月堂の栗饅頭&祇園太鼓の詰め合わせをプレゼントicon27され、楽しくかつ音楽三昧のひとときに、足取りも軽々と帰宅の路につきましたface02。  



2017年04月15日

4月上旬、いつも私の音楽icon58活動を応援してくださるF先生と、小倉城へお花見icon48に行ってきましたface01

桜は8分咲きでしたが、お天気がとても良かったicon01ので、小倉城内は、たいへん多くの人でにぎわっておりましたface08

我々もお花見icon113を楽しみながら、お食事icon28&お茶icon137icon154も堪能し、おしゃべりに花を咲かせて、有意義な楽しいひとときを過ごしましたface02

  



2017年03月23日

突然ですが、先月「朝日新聞販売店通信プレゼント」に応募したところ、「出光美術館・やきもの東西交流展のチケット」が当選しましたface08
演奏会icon58や美術館へ行く時はいつも、同じ趣味をお持ちで、私の音楽活動を応援してくださるF先生をお誘いして、門司まで行ってきました。

JR門司港駅に到着して先に昼食icon28
門司港ならば「焼きカレー」と、駅から一番近い、店内からの景色が最高のお店に行ったところ、不定休のお店にも関わらず当日は運悪くお休みicon41
ゆえに、門司港ホテルのレストランへ。出光美術館へ訪れは時は、桃の節句の前でしたので、ホテルの入り口には左記写真の雛段飾りが。
昼食後は美術館へ。
リニュアールされた館内は、白が基調の落ち着いた雰囲気で、休憩場所にはセルフサービスのお茶icon137が用意してあるなど、細かなおもてなしに、ゆっくり展示を見学できましたface01。展示された100点に及ぶ焼き物も最高で、焼き物に詳しいF先生が解説してくださり、とても有意義に2時間かけて見学させていただきました。
当日は晴れたicon01ものの風が冷たく寒さ厳しいお天気でしたが、心は晴れ晴れ軽やか、有意義な1日でしたface02。  



2017年03月05日

3月5日(日)は「第19回別府アルケリッチ音楽祭icon64」チケット販売日。
今年のオーケストラ・コンサートの指揮者が小澤氏で、アルゲリッチ氏との共演を、九州・大分で拝聴できるならface08・・・と、販売開始の10時より、ネットicon81接続を試みましたface01
しかし・・・、全く接続できないicon41。30分経過icon138してもダメ。
仕方なく、途中で放り出した掃除・お洗濯に取りかかり、終わったのが午前11時半icon138。半ばあきらめ半分で再度ネットicon80接続を試みて・・・・ログインicon80に成功icon59
画面が変わる度に何度もエラーが発生icon196しましたが、粘り強くトライし続けて、20分後icon138の午前11時50分、末席ではありましたが、やっとチケットをゲットしましたicon22
日頃、ネットでチケット購入なんてしない「超アナログ派」の私。
今日はすでに疲労困憊ですface06。  



2017年01月14日

先日、アクロス福岡シンフォニーホールで催されたコカコーラウエスト株式会社主催の「ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤーコンサートicon65」に行ってきました。

このコンサートicon65は、コカコーラウエスト株式会社が「地域社会貢献活動の一環として、地域の皆様に質の高いクラッシック音楽icon58を楽しんでいただきたいという想いから、平成元年より実施しているご招待コンサート」で、今回で93回目face08との事です。

ウィーン・リング・アンサンブルは、ウィーンの音楽icon64を演奏するために結成された、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の腕利きの主要メンバー9人からなるグループで、今回のコンサートicon65ではプログラムに掲載されているように、ウィーン情緒の香り高い作曲家、シュトラウスファミリーやツィーラー、ランナー達のワルツ・ポルカの演奏を、ウィーンに寄せる彼らの愛情と誇りを痛感させ、聴く者をこの上ない幸福感で満たしてくれましたface01

定番の「南国のバラ」や「皇帝円舞曲」、アンコールには「美しき青木ドナウ」や「ラデツキー」など、どの演目もすばらしかったですが、私は特に気に入ったのが「シューベルトのメドレー」でしたface01
シューベルトはウィーン生まれの音楽家ですからね。

あと、曲目ではないですが、彼らの演奏で特に印象に残っているのが、ユニゾンの音がとてもクリアーでピッチが整っていたことでしょうかface02

音感教育の権威だった故佐々木基之先生から指導を受けた「分離唱icon64」で鍛えた耳をもってして演奏を聴くと、このアンサンブルの9パート(各パートを1人で演奏する)の音が良く聞えてきて、音楽の面白さを満喫できました。やはり超一流のメンバーはやはり腕が違いますicon22

最後に会場内のアナウンスで、「ご招待1800人に対して、14000強の応募があったface08」と放送されました。ちょっとしたお年玉をいただいた気分で聴衆の皆さんもウィーンの音楽icon64を満喫したことでしょう。


  



2016年12月08日

2016年も12月(師走)となり、残すところ1カ月弱ですねface01

今年もIさんから「サザエさんのカレンダー」が届きましたface01
Iさんはすでにお仕事を退職されているものの、オペラ合唱をはじめとして多趣味、かつ、活動的で、「今日は東に明日は西に」と、常にご多忙な方ゆえ、この1年はご無沙汰していたのですが、大変有難いことに、今年も忘れずにプレゼントしてくださいましたface01

毎日サザエさんのカレンダーを眺めては、心和やかに過ごしてきた2016年も、11&12月の冬ヴァージョンのデザイン画を見て名残惜しみつつ、2017年のカレンダーを今か今かと楽しみにしておりますface02。  



2016年10月31日

先日、リバーウォーク北九州5Fにある北九州市立美術館分館で催されている「九州古陶磁の魅力 田中丸コレクション展」に、いつも私の音楽活動を応援してくださるF先生と行ってきましたface01
9月のF先生のお誕生日icon154にお会いできなかったので、この日はそのお祝いicon120も兼ねて、私がご招待させていただきましたface01

北九州美術館分館には、以前に何度が訪れたことがありますが、特に今回の催しは、展示をかなり広々&ゆったりと空間を使用していて、とても見学しやすかったですicon100
また、古陶磁の知識に詳しくない私でも、解説が「明瞭かつ簡潔」に記されており、全ての展示物ひとつひとつを丁寧に拝見できましたicon22
加えて、F先生が事あるごとに解説をしてくださり、F先生の古陶磁に対する深さに、改めてF先生に尊敬の念を抱いた次第ですface08

そして何より、120もの展示の中で、17世紀の作品が多かったのが、私にはとても印象的でしたicon59
17世紀と言えば、西洋音楽はバロック音楽全盛の時期で、音楽と陶磁に関連はなくとも、古今東西、伝統文化の素晴らしさは真実の賜物だと痛感した次第ですface02

美術館見学の後は、紫川をわたって井筒屋小倉店新館のレストラン街にある老舗の中華icon28料理店」へ。
F先生とおしゃべりに花を咲かせながら、久々のお店の味にした舌鼓。
その後、ブラブラと商店街を公倉駅まで歩いて、駅ビル内の星野珈琲店でお茶icon137とケーキicon154を堪能して、帰宅路icon42につきました。
F先生、この日も1日有難うございましたface01。  



2016年08月14日

先日、仕事icon64に行く途中、老朽化により取り壊しを始めた「八幡市民会館」の前を通りました。

思い出せば、私が初めて一人でコンサートicon58を聴きに行ったのが「八幡市民会館」で、その時の催しは、7月下旬に亡くなられた「ピアニスト中村紘子氏のソロリサイタルicon58」でした。

この日の演奏会の曲目が何だったか?は忘れてしまいましたが、演奏会icon58終了後に一人で楽屋を訪ね、突然の訪問にもかかわらず、中村氏は快く楽屋へ入れてくださり、記念にサインしてくれましたface08

当時中学1年生だった私は、身長が143cmと同年代の人に比べてとても小さく、その時、「ピアノを習っているけれど、オクターヴがギリギリでベートーヴェンンを弾くにも手が小さいから・・・・」と話したところ、「私も決して大きな手ではないのよ」と、手をみせてくださり、私にピアノの勉強を頑張るよう、励ましのお言葉をかけてくださいましたface01

今思えばこの時の出来事は、音楽をやめずに続けるきっかけのひとつface01だったと思えます。
そしてその後、私は身長が20cm近く伸びて、手もオクターヴ以上に広がるようになりましたface08

この時にいただいたサインは、今も大切に保管してますface01

  



2016年08月07日

暑さicon01厳しい毎日ですが、日本時間の8月6日(土)から、リオでのオリンピックが始まり、皆さん一喜一憂でオリンピックを観戦icon13・応援しておられる事と思いますface02

話が変わりますが、南米エクアドルの国立音楽院のピアノ科教授icon65で派遣されていた1998年の夏、私は家族とブラジルを旅icon20しましたface03

サンパウロ、イグアスの滝、マナウス、湿原の町と金の産地である世界遺産の町(この2都市は名前を忘れてしまいました)、そしてもちろん、オリンピックが開催されているリオデジャネイロも行きましたface01

ご存じのようにブラジルは国土が広いので、移動は全て飛行機icon20です。ただし、飛行機icon20と言っても「日本の路線icon18バス」のような感覚で、「○○発~▼▼経由~××経由~■■行き」といった、出発地から目的地に到着するまで、多い時は2度も別の空港に着陸するフライトスケジュールでしたface08。離陸する度に機内軽食icon28サービスが提供されたのも驚きface06でしたけど。

旅行している時は、まさかオリンピックがブラジルで催されるなんて思いもしませんでした。ただ、当時も今も、ブラジルを旅するのは「この時が最初で最後だ」と思っております。今となっては良き思い出ですface02

  



2016年08月03日


今年の夏も暑さicon01厳しい日々ですね。
この暑さのためか、生徒さんたちからもお見舞いのお言葉をいただきますface02

レッスンicon65では毎回、生徒さん達のいろいろな発見や喜びがあって、それらをご報告icon81したいと思うものの、この暑さicon01で私はバテバテface06で、なかなか筆が進みません。おいおい書きとめていこうと思います。

では皆様、くれぐれもお体に気をつけて、この夏の暑さを乗り切ってくださいねface01


  



2016年07月09日

7月6日(水)、朝から、私が所属している「(公財)西日本産業貿易コンベンション協会」の「北九州市コンベンションボランティア会の研修会」に出席しましたface01

これは協会がボランティア会員向けに毎年行っている研修会で、カリキュラムが北九州市近隣の施設見学と講師を招いての講座となっています。


※安川電機未来館内のソフトクリームを作るロボット

一昨年は「門司地区」を、昨年は「八幡東区」の世界遺産にもなった八幡製鉄所や、旧松本邸で知られる西日本工業倶楽部に、いのちのたび博物館を、そして、3度目の今年は、八幡西区の安川電機の工場と未来館に、小倉北区のTOTOミュージアムを訪問しました。


※TOTOミュージアム内のミニチュア

どの施設も日頃、個人的に見学に行ける場所ではないので、施設見学は毎年楽しく、北九州ってこんなすばらしいものがあるのだなぁ・・・と、新たな発見があります。


※安川未来館内のロボット

そして、今回の講座は、5月に催されたG7をアテントした市職員のお話で、今までと違って、一般向けでとてもわかりやすくユーモアを交えてのお話に、1日があっという間に終わりましたface08

いつも私は、音楽教室でピアノやチェンバロを教える・・・という仕事の性質上、自分がお話する側なので、このような研修会は、仕事に役立てるべく新鮮、かつ、有意義です。研修会はいつも梅雨の季節なので、雨icon03の事が多いのですが、今年は幸い、暑いくらいのお天気icon01でした。




  



2016年06月28日

先日、Eテレの「テレビicon13でフランス語」を見ていたら、映画館の看板についてリポートしている場面がでてきて、フランス滞在時の事を思い出し、なつかしくなりましたface01

日曜日は、音楽院が閉まっていて、練習ができない事から、日曜日の午後はたびたびひとりで、住まいから徒歩5分の映画館に行って、フランス語の勉強を兼ねて映画をみていました。日本に比べて料金が安く、しかも学生料金でしたので、かなり映画館に通ったと思います。

ただ、フランス人は吹き替え派が多いためか、映画の上映も吹き替えが多くて、自分の好みの映画の字幕上映を探すのは大変でしたface06。日本にいた時はもともと、映画を映画館で見ることが少なかった(なぜなら、少し待てはすぐにテレビで放映してくれますから)から、日本で見ていなかった宮崎駿監督や北野武監督の映画をあちらでみた時は、日本語が聞えてくることもあって、嬉しかったです。

実は「となりのトトロ」を初めて見たのがフランスの映画館で、この時の客席はパラパラ、それも(字幕だからか)年配の方ばかりで、見終わった後、あるご婦人から呼び止められて、「あなたが上映途中で笑っていた場面は、きっと日本語が理解できるから面白かったのでしょう。フランス語字幕では、そのニュアンスが直訳できないのでしょうね。残念だったわ。」というような事を話してくださったのが、今でも強く記憶に残ってます。

日本に帰国してからも、映画館は自宅から徒歩7,8分のところにあるものの、映画館まで行って見ることはほとんどなく、映画はテレビ放映で見てますが、フランス滞在時の映画館通いは、とても良き思い出ですface02
  



2016年05月11日

毎年の事ですが、連休(特にゴールデンウィーク)icon96は教室を開講しても、急きょ、レッスンを欠席される生徒さんが多いので、年間予定を立てる時点で、新年度の4月上旬とゴールデンウィークicon96は、教室(レッスン)日を設定しないようにしております。

ただ、一部の生徒さんで「仕事の休みが多い連休icon96の時こそ、時間icon138を割いて、ピアノやチェンバロの勉強に集中できるので、レッスンをお願いしたい」と言われる方もおられるので、完全に休業というわけではありませんが・・・face06

生徒さんは、趣味でピアノやチェンバロを勉強している方もいれば、音楽の仕事をしてて、ご自分の仕事に役立てるべくピアノやチェンバロを勉強している方もおられ、多種多様です。
ゆえに、一人ひとり、レッスンに対する考え方も違いますし、何より、レッスン内容のカリキュラムは全く異なります。
だから、生徒さん一人一人に対応するべく、私自身もそれだけ勉強しなければならないので、教室がほぼお休みの連休icon96は、自分のために費やせる時間が持てて有難いです。

といっても、いつも勉強ばかりしているわけではないですよface11
今年は、気になっていた家の中の整理整頓をしたり、溜めていた語学の勉強をしたりと、自由気ままな時間を過ごしましたface01

連休が明けたので、今までののんびりムードをそろそろ切り替えなければなりませんが、五月晴れとはほど遠い最近のお天気では、頭ではわかっていても体はついていかないですね~ぇface06

でも、来月に演奏する事になった「バッハの管弦楽組曲第2番」のおさらいをせねば・・・と、楽譜を本棚からだしてきたら、あ~らら~、紙が古くなってしまってボロボロicon196。新しく作り直さねばならなくなりましたicon41。ついでに、コンティヌオのアイディアも新しくしようicon59。  



2016年05月06日

先月、新幹線icon144icon145icon146を利用して「日帰りで広島へ」プチ旅行をしました。

広島へは、小学生のころ父方本家のお墓参りを兼ねた旅行で「宮島」を観光した時と、中学の修学旅行の平和授業で「原爆ドーム」に行っただけです。

それで今回は2つの世界遺産「宮島の厳島神社」と「原爆ドーム」を見たくて、一人で旅をしてきました。

当日の朝、JR車両icon42故障による影響で在来線が1時間近く全面ストップicon196。お陰で予定の新幹線icon144icon145icon146に間に合わずicon41、1時間後の新幹線icon144icon145icon146に変更してもらい、広島に到着後は雨icon03が降り始めたりと、あまり幸先よい旅ではありませんでしたが、翌日の夜に熊本で地震が発生、今なお余震が続いていますし、また、エクアドルでも大地震で、幸い友人たちの無事は確認できましたが、諸々を考えると「旅行ができただけ有難いな」と思わずにはいられません。熊本もエクアドルも1日も早く日常が戻る事を心より願っております。





  



2016年03月15日

先日、学生時代の友人Oさんと、篠栗町にある南蔵院へ、散歩がてら電車icon42で行ってきました。
当日は朝から曇りicon02で空気が冷たく、良いお天気ではなかったですが、Oさんは「空気が冷たいとご利益があるような気がする」と、持参したカメラicon207で撮影してくれましたface01














長年の友人とのつかの間のひとときicon133は、リラックスできて楽しい時間でしたface01。ちなみにOさんは帰宅途中、宝くじを購入したとかface08。お互いこれからの人生にご利益があるといいなicon67
  



2015年12月29日

12月といえば忘年会icon142icon152・・・、これは皆さん同じだと思いますが、私は毎年12月に歯の定期検診もしておりますface01

子供のころから虫歯が多く、歯医者さん曰く「虫歯になりやすい歯の質」らしいので、予防と早期発見を兼ねて検診に行きます。お陰さまで今年も問題なくicon22歯科検診は終わりましたface02

12月恒例行事に加えて今年は、11月に応募していた「JCOM主催のランチicon162付き試写会in北九州門司港ホテル」に当選(48組96名様)したので、いつも私の音楽活動を応援してくださるF先生をお誘いして行ってきましたface01

ちょうどクリスマスシーズンと重なったため、門司港ホテルのフロント前には、左記の写真のとおり、クリスマスの装飾が至るところに飾られていてきれいでしたicon97

もちろんランチも老舗ホテルの料理ですから、最高でしたよ。門司港名物も焼カレーもメニューにあり、上品で優雅な辛さのカレーでしたface01
F先生も料理がとてもおいしく、試写会もおもしろいドラマだったし、素敵なクリスマスプレゼントでしたと、喜んでくださいましたface02。  



2015年12月23日

今年も知人のIさんから「サザエさん」のカレンダーがicon163届きましたface01
Iさんとの交流が始まってから毎年12月には、新しい年の「サザエさんのカレンダー」をプレゼントicon27してくださるのです。
Iさんの現役時代のお仕事上、サザエさんのカレンダーは入手しやすとお察ししますが、毎年かかさずプレゼントしてくださる事にとても有難く、心から感謝する次第です。
来週には2015年のカレンダーと取り替えて、新しいのをお部屋に飾って、楽しもうと思いますface02
Iさん、本当にいつも有難うございます。また1年、気持ち新たに楽しく過ごせそうです。

  



2015年12月04日

先日の皇居雅楽icon58演奏会1泊二日の旅で、新幹線icon144icon146で東京へ行く時、「楽器博物館」を見学するため浜松駅で途中下車しましたface01

旅の1日目は京都で学生時代の友人と、夕方は品川でアメリカ在住の知人と会う予定が入ってしまったため、浜松では4時間弱icon133の滞在となってしまいましたが、ピアノやチェンバロを教えたり演奏したりする仕事をしている立場上、楽器博物館は絶対に見学せねば・・・と、立ち寄った次第ですface02

幸い浜松駅から徒歩8分ほどの場所で、博物館内では3時間強icon133見学時間を確保できましたが、館内を十分に見学するには時間的icon133には全く足りない!icon196

館内に入場した時がちょうど、ガムランの説明ガイドの時間だったので、それを拝聴してから、すぐに一番の目的の西洋鍵盤楽器のコーナーへ直行。2時間以上をこのコーナーで費やし、楽器を見て音声ガイドで聴ける楽器の音を聴きましたicon09

上記の写真は、博物館一押しのオリジナルチェンバロ「ブランシェ」。音は音声ガイドで聴きましたが、この日は残念ながら、楽器のふたが開いてなくて外見の写真しか撮影できませんでしたicon41。でもさすがオリジナルicon59楽器としてはもちろんのこと、装飾品としてもピカいちicon22です。



  



2015年12月04日

上記の写真icon207は「浜松楽器博物館の西洋鍵盤楽器コーナー」です。写メicon82ゆえ良い写りではありませんがicon15face14、文章で書くより、より雰囲気を理解していただけるかと思いますface02

たくさんの楽器が展示してあり、音色のサンプルを聴ける楽器は全て聴いて、構造の説明をじっくり読みました。
ほんとうに「百聞は一見に如かず」、図鑑などで見たりして勉強はしましたが、やはり実物を見る事にはかないませんねface06

もちろん博物館は、西洋鍵盤楽器jだけではなく、世界各国の「アジア・アフリカ・南北アメリカ・日本などの」楽器が展示してあります。私が滞在していたエクアドルの楽器もあってとても懐かしかったですface01

じっくり見て説明書きを読んでサンプルの音色を聴いていたら、1日あっても時間は足りないでしょう。まだまだじっくり見ていたかったのですが、東京へ行く新幹線icon144icon146の時間が迫ってきたため、後ろ髪を引かれる思いで博物館を後にして、浜松駅へと向かいました。
今度は丸1日かけてゆっくり見学したいですface02。  



2015年11月27日


10月23日(金)&24日(土)の一泊二日で旅icon144icon146をしました。

きっかけは、9月上旬に届いた上記の「ご招待ハガキicon163」。
先日もブログicon80に書きましたが、「宮内庁の雅楽観賞コンサートicon58」に応募するも、過去2回は残念ながら落選icon41、3回目の応募で今年やっと当選して、招待ハガキが届いた次第ですface02icon22

長旅はできないことから飛行機icon20での上京も検討しましたが、期日から2か月を切っていて思ったより航空運賃が高かったのと、飛行機icon20だと購入した時点で時間を拘束されてしまって、思うように行動できないと考え、今回は新幹線往復icon144icon146にしました。

そのお陰で、23日(金)の行きは、京都で学生時代の友人とつかの間の再会face08ができ、午後から念願だった「浜松の楽器博物館」を見学。
夕方にはアメリカから一時帰国していたO先生と数年ぶりに再会、品川で夕食icon28をご一緒して楽しいお話に花がさきましたface02

翌日24日(土)は皇居東御苑へ。
東京駅から徒歩20分、御苑内に入苑してからコンサートicon58会場まで約約30分を歩いて会場内へ。
待つこと1時間弱、コンサートicon58は休憩をはさんで1時間半。休憩中はセルフサービスでお茶icon153が無料でふるまわれました。

午前中の雅楽コンサーicon58トを観賞して、終演後は御苑内の売店でお土産を購入。東京駅まで戻って、駅構内でお土産と昼食を買い、14時10分ののぞみicon144icon146で帰宅しました。

雅楽コンサートicon58と浜松楽器博物館icon65については、別枠で掲載しますねface01


  



2015年11月27日


先日、皇居東御苑内で催された「雅楽コンサートicon58」に行きましたface01。公演中は撮影禁止のため、上記写真は終演後の様子です。

皇居東御苑は一般開放されているため、多くの観光客でにぎわっており、その中をコンサート会場までえんえんと歩くface06こと30分。
会場前ではテントがはってあって、一人ひとり手荷物の検査の後、会場内へ。公演開始まで1時間弱あるにもかかわらず、場内はすでに9割近く入場しており、残念ながら観賞に良い席は確保できませんでしたicon41

でも昨年、地元北九州市立のホールで、雅楽に関する基礎講座とコンサートが催され、それに参加・拝聴していたお陰で、私にとって2度目の雅楽公演は、前回を教訓に有意義なものでしたよicon22
管弦は、北九州公演では「平調」を、今回は「太食調」を拝聴しました。管弦の後の舞楽もすばらしかったですface02

雅楽について詳しくはわからないですが、雅楽専用の会場で観賞する醍醐味は格別icon14なものはありました。
終演後、機会があれば、またここにきて観賞したいな!icon198と思いつつ、名残惜しみながら御苑内を出口に向かって歩いて行きましたface01

  



2015年11月09日

11月7日(土)、日本ブルックナー交響楽団のコンサートicon58に響ホールへ行ってきました。

私の生徒さんで、このオーケストラのヴィオラパートの首席を務めるTさんから、広報兼ねてたくさんのご招待チケットをいただき、私の他の生徒さんや友人たちにもお声かけして、コンサートicon58に行っていただきましたface01

当日は土曜日でレッスン(仕事)icon65日だったため、通常より早くレッスンを開始して終了と同時に八幡icon18へ。
駅で待ち合わせをして、会場近くにある九州国際センター内のJICAfeへ行き、友人たちと昼食icon28を。

JICAfeは定期的にメニューを入れ替えて、世界各国の料理を提供しているので、行く毎にメニューが変わっていて、目新しいものを食せるのが楽しみで、今回はボリビア・インド・タイ・など五カ国の料理のセットメニューを注文しましたface03

食べた後はいざコンサートicon58へ!
ブルックナーの交響曲五番は演奏時間約80分の大曲。聴く側も気合が入ります。
地方は特に、ルックナーを生演奏で聴く機会がないだけに、聴きごたえがありました。
後半のシューマンの交響曲3番も良い演奏で、休憩をはさんで2時間半の演奏はあっという間でした。

終演後は、久々に会った友人たちとおしゃべりをするべく、車icon17で7,8、分の喫茶店icon137icon154に移動。
いつのまには1時間半も時間がたちお開き、帰宅の路につきました。

最後にご招待くださったTさん、お疲れ様でした。そして、ご招待有難うございましたface02

  



2015年10月12日



体育の日の連休icon96、皆様は如何過ごされましたか?
スポーツがお得意な方や大好きな方、アウトドア派の方には、外に出てアクティヴに楽しく過ごされた事と思います。

私は完全なインドア派、連休はお教室icon58がお休みゆえ、シルバーウィークの時は、短波ラジオ放送番組の原稿依頼が急に入ってバタバタした分体調を整えるべく、ゆっくりのんびりののほ~んと過ごしましたface01
もちろんラジオ番組の原稿は先月末に完成し、すでに依頼主のお手元に。あとは11月14日(土)からのラジオ放送にあわせて、リスナーの方々に郵送されるのを待つばかりですface03

原稿には、先方のご要望から、私の音楽icon64修業や活動、チェンバロやピアノについて書きました。その際、チェンバロの音色はラジオ放送で聴くことができるものの、楽器はお見せできないため、私が指導させてもらっている4か所の教室ごとに、楽器の写真をブログ掲載icon81しました。詳しくは各教室icon58のページをご覧ください。

最後に、上記の楽器群は、写真を整理していた時にみつけた「BIZZI社のチェンバロ」です。
このように楽器を見る機会もめったにないだろうと、このページに掲載してみましたface01









  



2015年10月08日

10月7日(水)、久々に天神へicon18行きました。

10日ほど前、叔母が「アクロス福岡で催されるデイズニーのコンサートicon65の招待券が2枚当たったけど、私たち夫婦は行けないから代わりに行かない? S席が8,300円もするから、流すはもったいないと思って・・・」と、わざわざ電話icon83をくれ、幸い催し日は教室(レッスン)icon58がなかったので、遠慮なくもらいました。

叔母の電話icon83を切った後すぐに「誰を誘おうか?」と考え、電話icon83をもらったその日が友人のUさんのお誕生日icon154で、かつ、彼女の勤め先はアクロスのすぐそばである事から、まずはUさんにicon82連絡。一発OKicon22で、Uさんと行く事となりましたface02

ライオンの広場で待ち合わせして、早めの夕食icon28。Uさんがセレクトしてくれたたくさんのお店の中から、ハワイアンパンケーキのお店へ。エッグベネディクトとオムレツを二人で食べて、いざ!アクロスへ。

アクロスのホールへは、クラッシックコンサートicon64を聴きに何度も行った事がありますが、今回はPAと装飾用ライトをを設置していて、びっくり!icon59face08icon67お客様の層もクラッシックコンサートのそれとはまったく異なり、おっかけっぽいというかファンが多く見受けられほぼ満席face08

2時間半のコンサートicon65でしたが、あっという間に終わりました。
Uさんはミュージカルが大好きで、かつ、ディズニーの「美女と野獣」の大ファンだとかで、後半の曲目が「美女と野獣の全20曲」を映像を見ながら・・・という事で、このコンサートを楽しんでくれたようですicon100face03

コンサートicon65終了後、各々帰宅icon18路につきました。Uさんがプレゼントしてくれた「京都笹屋伊織のモンブラン」をお土産に。
高校時代の親友Uさんと、久しぶりに充実した楽しいひとときでしたface03

  



2015年09月21日



突然ですが、この夏に仕事icon58用のカバンを買いましたface02

「カバンなんてどれでも同じではないのicon66」と思われるかもしれませんがface06、私の場合、車icon17を持ってなくて(ペーパードライバー歴10年)、移動手段が電車icon42やバスicon18の公共機関のため、財布やハンカチなどの身の回り品に、仕事icon58道具の楽譜(はA3サイズより少し大きい)や、昼食のお弁当icon173に水筒と、全てが入る「大きいカバン」がほしかったのですicon22
まあ、晴れたicon01日なら、お弁当と水筒を別のカバンに入れて、カバンを二つ持って行動しても良いのですが、雨icon03の日(ここ最近はシトシト雨ではなく、豪雨的なのが多い)は傘をさしたりしてると、カバンを一つにまとめたいなぁと痛感し、デパートなどを通る度にカバンを探してましたところ、上記写真のカバンを見つけたわけですicon22

使い始めて1カ月強、年甲斐もなくface06「キティちゃん」ゆえ、まわりの方々はどんな反応をされるかなicon66と思っていましたが、ほとんどは反応なしicon15。今までに2人の方が「わぁ~face08、かわいいですねicon14」「キティちゃんface05じゃないですかicon67」と言ってくれました。

キティちゃんへの反応icon15はおいといて、たくさん荷物が入るので、とても重宝しておりicon22、お仕事icon58に行くのが、ますます楽しみになりましたface03。  



2015年09月12日

7月上旬、朝日新聞に掲載された「宮内庁式部職楽部の雅楽演奏会icon58」に、往復はがきで応募しましたところ、「入場券」と印刷され、諸注意事項等の内容が書かれた返信はがきが届きましたface08

年に1回、7月に募集、秋に3日間の開催で1日2公演、各200名にもかかわらず、全国から応募者が殺到するのか、相当な競争率のようで、過去2回の応募は残念ながらicon11・・・icon41でしたが、3度目の正直でやっと当たりましたicon22

昨年11月、地元の国際音楽祭icon64の催しで、雅楽を拝聴(拝見というのかな?)しただけに、本場での演目は、とても楽しみですface01

加えて、皇居を訪れるのも楽しみの一つです。
以前(といっても15年以上前ですが)、JICAの派遣時に皇居内の東宮御所を訪れて以来で、今回は皇居内の東御苑だし、個人で訪れるわけですから、少し緊張しておりますface07

これについては、10月下旬以降にご報告しますねface03。  



2015年09月11日

夏休み8月下旬、「福岡アンパンマンミュージアム」に行ってきましたface01

今頃、ブログにレポートするのも何ですがface06、大人の私も子供と一緒だと、予想以上に楽しかったので、時間のあるときに書いてアップしようと、写メicon82だけはとっておきましたicon22

福岡アンパンマンミュージアムが開館して以降、ミュージアムに行った人たちから聞いたのが「入場料が1歳以上から1500円で、子供もシニア割引もなく少々高い」という事でした。確かに安くはないと思います。

しかし、入場してみて、子供たちが楽しく、かつ、安全に遊び・学べる空間であるよう、スタッフの数もかなりおられ、常に館内は清掃、いつもきれいにされてましたface08

この状態を見て、人件費や設備費を考えただけで、入場料は決して高くはないと思いました。

連れて行った姪は、最初は退屈そうにしていましたが、だんだん遊び方や楽しみ方がわかってきたのか、帰宅するころにはすっかり満喫face02

後日、「楽しかったからまた連れてって」と言ってたのが印象的でしたface01
当日はあいにくの雨icon03(前回この姪と行動を共にした「海の中道海浜公園」も雨icon03)で、晴れていたならば本当はプールにつれていく約束でしたが、姪のお陰で私は貴重な体験をした1日となりましたicon100
  



2015年08月31日


先日(残暑厳しい日)、八幡市民会館で催された、JCOM北九州とNHK北九州放送局共催「NHKお笑いオンステージin北九州」へ行ってきましたface01
この催しは、7月中旬、JCOM加入者宛に観覧者を応募していて、出演者に英語でしゃべらナイトのパックンもいた事から、おもしろそう・・・と応募したところ、みごとに当選した次第ですicon22
お笑いの3組の方々は、各々の特徴を活かした漫才(コント)をされており、初めての生(なま)お笑いは、十分楽しませていただいたと同時に、職業柄、学ぶべき点も多々あって、よかったですface01
また機会があれば行きたいですface02

追記:上記の写真は、公演開始15分前に写メしました。もちろん、公演中の写真やビデオの撮影は禁止です。念のため弁明を。


  



2015年07月26日

先日、太宰府の九州国立博物館で開催されている「大英博物館展」に行ってきましたface01

高速バスicon18と西鉄電車icon42を乗り継いて、片道2時間強の道のりface06
当日の午前中、気温は30度を超え、福岡には高温注意報がでている状態でしたが、日差しicon01が強く暑かったものの、体調を悪くすることもなく、楽しい1日でした。

大英博物館は約700万点を所蔵しているそうですが、その中から100点ほどを、九州国立博物館では展示していました。
(現在、朝日新聞の夕刊で、1点ずつを写真付きで解説・掲載されていますよね。)

意外というか驚いたface08のは、100点のうち、イギリスの展示品が2つほどしかなかった事でした。展示品は歴史をなぞって展示されていたので、よくわかる解説でしたけど。

博物館見学後は、太宰府天満宮でお参り。偶然ですが、当日は夏祭りで子供のおみこしがでておりましたface02
大勢の中国観光客にまじって、子供の様子を見ながら、その後、(いつもお気遣いくださる生徒さんが翌日お稽古に来られるのでいつものお返しに)お土産を買いました。そして、軽井沢で購入したお箸のお店の支店が太宰府にあり、そので、家族の名前入りのお箸を買い、太宰府をあとにしました。

高速バスicon18に乗り換える前に、天神でお夕飯icon28をたべ、帰路につきました。充実した1日でしたface01。  




< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved