2012年09月28日

新イタリア合奏団の演奏会

9月25日(火)、アクロス福岡主催の「新イタリア合奏団&グルミネッリ」の演奏会icon65に行きました。私にしては珍しく、先週の福岡古楽音楽祭icon64に続いて、2週連続の博多行きicon18ですface08

この演奏会icon65をどうしても聴きたかったのは、演目にヴィヴィディ「四季」のフルート独奏版があったからface01
そう、私のブログicon81を読んでくださる方々はご存じのとおり、昨年9月23日(祝)の九響北九州定期icon58に出演させていただいた際のプログラムの一部がヴィヴァルディ「四季」のフルート独奏版でした。

演奏会を拝聴した感想は、独奏者がフルート・ヴァイオリンに関係なく、イタリア人がモダン楽器で演奏するヴィヴァルディが、完全な現代風の解釈で、でも、それができるのは、古楽バロックの理論・様式が根底にあるからだと、痛感しました。
他の演目もしかりで、私にとってはとても良い勉強になり、充実したひとときでしたface02

余談ですが、この演奏会で使用されたチェンバロはフランスタイプのものでした。調律師N氏に尋ねたところ、アクロス福岡所蔵の楽器でN氏が修理されたとかface08

私はアクロス福岡がチェンバロを所蔵している事を知らなかったので、演奏会では、新イタリア合奏団が持参するだろう、持参するならイタリアンの楽器だろうと、勝手に考えていたので、ちょっぴりの残念さface07と同時に、アクロス福岡所有に対する驚きface08を感じた次第です。

プログラム等の詳細は、下記の主催者のHPicon81よりご覧ください。

http://www.acros.or.jp/r_event/event_detail.php?event_id=4362  


2012年09月21日

第14回福岡古楽音楽祭

9月14~17日に催された「第14回福岡古楽音楽祭icon65」に行きました。

今年は台風の影響でお天気が良くなくicon03、交通機関icon42にも影響がでて大変でしたが、フランスから帰国した年に、この古楽音楽祭icon65のパンフレットをみつけて以来、都合がつく限り行くようにしておりますface01

ヨーロッパだと音楽祭icon64は数えきれないくらい催されてますし、古楽音楽祭icon58も少なからずありますが、日本から参加するとなるとicon20とても大変ですface11。だから、日本で、それも地元の福岡で、古楽音楽祭icon65があるなんて、それも半端でない内容(招待演奏家の有料コンサート・演奏家講師陣によるセミナー・参加型のフリーステージコンサート)、中身の濃いもの、有難い限りですface01

昨年は、九響の北九州定期公演に出演で、古楽音楽祭と日程が重なったため、行く事が出来なかっただけに、加えて、今年の音楽祭のテーマが鍵盤楽器だった事から、私にとって今年の古楽音楽祭はとても充実したものでしたicon100

詳しくは下記の音楽祭主催者のHPicon81よりご覧ください。
http://www2.odn.ne.jp/~cco69970/index.html/  


Posted by kazumi-san at 11:02Comments(0)活動終了レポート