2014年10月27日

声明プレ公演&体験

10月23日(木)午後、真言宗声明icon58のプレ講座を拝聴しに、直方まで行ってきました。

この講座は、12月に催される「グレゴリオ聖歌&真言宗声明」コンサートicon64のプレ公演として、主宰者側が催したものです。

講座は1時間程度でしたが、声明の発生から日本へ渡った経緯など、初心者にも良く分かる説明に、後半は、講師の先生の模範演奏もあり、とても充実した公演でしたicon100face01
声明は「歌を持って仏教を広める」事が、当初の役割だと言われていますが、宗教に関係なく、日本の文化の発展に寄与するためにも、芸術の一つとして確立していると思います。

私の専攻は「西ヨーロッパの16世紀以降のクラッシック音楽」なので、先日拝聴した「雅楽」といい、今回の「声明」といい、全くの素人ですが、人間が織りなす芸術の素晴らしさと価値は、どの国のものでも同じだと痛感した次第ですface01
  


2014年10月27日

台北国立故宮博物館特別展

秋日和icon01の先週末、台北国立故宮博物館特別展を見るべく、太宰府の九博へ行ってきましたface01

当日の太宰府は、どこを見ても、「人・ひと・ヒト」icon196
入場待ちを覚悟していたので、先に昼食を取るため、素敵でレトロ感覚にあふれた珈琲専門の喫茶店icon137へ。
コーヒーicon137もサンドイッチも最高においしく、店内の装飾品も品があって最高でしたicon22face02。中でも1820年代に作製されたドイツ製のオルゴールは必見(必聴というべきかな?)ですface02

会場に到着すると「入場までの待ち時間60分」の看板がicon196。故宮博物館に関するビデオを見ながら50分待って催し会場へ。期待はずれのものface07もありましたが、展示品の大半は、とてもすばらしく。優美・優雅な品の良さと歴史の重みを漂わせるものばかりでしたicon100face02

学生の頃から「いつか故宮博物館を見に台湾へ行きたい・・・」と、思っていたものの、実現する事ができなかっただけに、日本で拝見できた事は何より嬉しかったですface02
  


Posted by kazumi-san at 16:10Comments(0)趣味日常のつぶやき

2014年10月16日

皆既月食の日

10月8日(水)は下関のSさんのお部屋教室のレッスンicon64日でした。

生徒さんたちは、「下関に通うicon42のは時間もかかるので大変でしょう」と、お気づかいくださいますface06

しかし、私としては、レッスンicon64自体はとても楽しいうえ、北九州側から関門トンネルを通って本州へ行く、ちょっとした小旅行の気分で通わせてもらえる事を、嬉しく思っている次第ですface01

当日は皆既月食で、帰宅時間icon133がちょうど完全に月が太陽に隠れた時間帯だった事もあって、とても幻想的・神秘的な雰囲気の中での、帰宅路となりました。

これから下関に通うicon42毎に、いろんな発見があって、レッスンに行くのが楽しみだなぁ~と、月をながめながら考えておりましたface01。