2018年09月30日

街かどコンサート2018

今日はウェル戸畑で「街かどコンサートicon64」が催されております。

ピアニストで私の友人のY先生が、このコンサートicon64にゲストで出演されるので、Y先生の出演時間icon133に合わせて拝聴しに行く予定でした。

しかし、外はお昼前あたりから、台風24号の影響で、風が舞って雨icon03が踊るような「吹く降る」の状態で、おでかけ準備をしていたにも関わらず、自宅にとどまる事となりましたicon196

ちょうど今頃、Y先生の演奏時間で、久々に聴くY先生の演奏を楽しみにしていただけに、本当に残念で、台風が恨めしいですicon41

Y先生をはじめコンサートに出演される皆さんには、台風を跳ね返すくらいのすばらしい演奏と、充実したひとときでありますよう、心よりお祈り申し上げますface01。  

2018年09月22日

ピアノ協奏曲を4曲も!

9月敬老の日icon96の3連休中、いつも私の音楽icon58活動を応援して下さるF先生をお誘いして、アクロス福岡で開催された「華麗なる協奏曲の響宴Vol.2icon64」を聴きにicon18行ってきましたface01

コンサートicon64を拝聴する前に、1週間前がF先生の85歳のお誕生日icon154だったので、そのお祝いも兼ねて早めに待ち合わせて、福ビルにあるF先生お気に入りの海鮮料理のお店で昼食icon28をご一緒しました。
お料理はとても美味しく、胃にやさしい味付けの和食で、盛り付けも美的センス抜群のすばらしいお料理でしたicon100

お食事icon28を満喫して、コンサートicon64を拝聴するためのエネルギーも蓄えて、アクロス福岡へいざ出陣icon21

この日の演目は、チャイコフスキーの1番、ラフマニノフの2番・3番、パガニーニの狂詩曲と、4曲全てピアノ協奏曲face08

通常、プログラムの中に協奏曲は1曲ですが、このコンサーicon64トは贅沢にも4曲の構成で、さすがに聴く側も相当な体力と集中力を消耗しましたface06が、4曲も演奏するピアニストY氏は「お褒めの言葉も必要ないくらい、ただただすごいの一言かなicon67」と、感嘆するばかりでした。

さすがに1公演icon64で4曲のピアノ協奏曲を拝聴したら疲労困憊face06で、F先生と疲れを癒すべく、またコンサートicon64のお話に花を咲かせたくて、上島珈琲店でおいしいコーヒーicon137とケーキicon154でお茶してから、各々の帰宅の路icon18につきました。

久々にF先生とお会いして、良いコンサーicon64トをご一緒できて、とても有意義な1日でしたface01。  


2018年09月08日

嬉しいお便り・・・AMAその後

8月末、夏休みも残り僅かの厳しい暑さicon01のとある日、封筒から音楽icon65が醸し出されるような、音符icon64やト音記号のデザインされた、シックな色合いのお手紙icon30が届きましたface08

差出人は、7月下旬に催された「AMAピアノと歌と管弦のコンクール2018icon58/九州・山口地区予選」で、私が公式ピアニストicon58として伴奏させていただいたMさんで、お手紙と地区予選で共演した時に写した写真が同封されていましたface01

ピアノやヴァイオリンがデザインされた便せんには、8月下旬にびわ湖ホールで催された全国大会にMさんが入賞されたご報告と、地区予選での御礼の言葉や音楽に対するお気持ちなどがつづられていましたface02

エクアドル国立音楽院に勤務していた時や、フランスの音楽院に留学していた時はもちろんのこと、お陰さまで帰国してからも、プロ・アマとわず、数多くの方々と、共演icon58させていただいております。

鍵盤奏者は独りで演奏できる楽器ゆえ、他の楽器の方々と共演できる機会を得られるのは、それだけでもとても有難い事ですが、Mさんのように共演後にお手紙icon30をくださる方、メールicon82やお電話icon83で御礼をくださる方、なかには再びお会いした時に御礼の言葉をかけてくださったりすると、微力でも私はお役にたてたかなと安心すると同時に、とても嬉しく思いますface01

今年の酷暑icon01もどこへやら、Mさんのお手紙icon30は、とても嬉しく有難い贈物で、お返しにカードicon30を送りましたface01
  


2018年09月05日

レッスン便り201809

今日はレッスンicon64毎に私が思う事・感じた事を少し書きますface01

生徒さん達の多くが、教室icon64に通い始めた頃は「練習ができていません」と、よくおっしゃられます。特に大人の方にはその傾向が強いです。

確かに生徒さん達は、ほとんど練習できないままレッスンicon64に来られる事も少なくありませんface06

でも、大人の方は、日々の暮らしの中で、やっぱり何だかんだいって忙しいですし、昨今は子供さん達も、学校の授業やクラブ活動に加えて、学習塾やお稽古事で、大人より忙しい日々を過ごしているのが現状ですface07

まず、教室icon64入会時に、私は生徒さん達に下記をお願いします。

①レッスンで学ぶ事は多種多様あるので、「練習ができてない」という理由でレッスンを欠席しない事
②先生のお話の中で、わからない事や知らない事が生じた時は、そのままにしないで先生に質問する事

これらは、ピアノやチェンバロが上達するにおいて、自宅での練習より大切な事と私は考えていますicon09

最初にしっかりとお約束をするお陰か、私のレッスンicon64に慣れてくる頃には、子供さん達は「先生、今日は学校のテストで練習ができてないよ」と、親御さんの前でも笑顔で挨拶して、反って親御さんのほうが驚いておられます。
そして、生徒さんの方から質問がたくさん発せられるようになりますface01

もちろん楽器が上手になるには、私も日々の練習は必要と考えています。
しかし、うまく弾けるようになるだけが音楽教室の目的ではないもと思いますface01

コンクールや音大を受験する方は別として、練習が万全でなくとも、レッスンでは音楽の歴史や楽器の文化の話など、練習不足とは無関係にレッスンを楽しむことができます。そして、そんな豊かな背景を持つ曲なら、少し練習してみようかな、という気持にもなれるのではと思いますface02

ピアノやチェンバロを習うのは、よっぽど達者に弾きこなす人だけの世界だと思っていませんか?私の教室は違います。
鍵盤楽器を弾いたことがない方も、楽譜が全く読めない方もお迎えしてます。
どなたも豊かな教養を育みながら、各々のペースで楽しんでくださっています。
あなたの人生に「ピアノやチェンバロを弾く」事が加わったら楽しいと思いませんか?