2018年08月17日

コンヴェンションボランティア研修会2018

ブログicon81掲載では、かなり時間icon133が経過してしまいましたが、夏休みが始まる少し前の7月半ば、私が所属している北九州市コンヴェンションボランティア協会主催の研修会に出席してきましたface01

この研修会は年1回あって、講師を招いての講義と、北九州市内の名所見学の2部構成になっております。
今回は、午前中に北九州市を拠点に旅行会社を経営されているK氏の講義、昼食face01をはさんで午後からは、地元のS石鹸工場とその近辺の見学でした。

S石鹸は合成成分を使用しない、人にも環境にもやさしいをモットーに商品を作っている会社で、我が家も浴用石鹸ををはじめ、洗濯洗剤やその他の関連商品を愛用しているだけに、ここの工場見学はとても楽しみにしておりましたface01

研修日程如何で、毎年出席できるわけではありませんが、研修会に出席するたびに、日頃は訪れない地元の名所を見学できるのは、地元を改めて理解するのにとてもプラスになります。

7月は、AMAコンクールや仕事の合間に、コンヴェンション研修会に加えて、ちょっと足を延ばして、九重界隈の日帰りバス旅行に行ったりと、日常から離れて気分転換ができ、公私ともに充実した日々でしたface01。  


2018年08月05日

宇部までヴァイオリンを聴きに

7月の最終の週末、酷暑icon01の中、山口県宇部市へ「五嶋龍ヴァイオリンリサイタル2018~忘却にして永遠に刻まれる時icon58」を聴きに行きましたface01

当日のプログラムicon64は、シューマンにドビュッシー、それに韓国の現代作曲家の各々のヴァイオリンソナタ。
どちらかといえば玄人向きのプログラムですが、会場は満席face08
選曲にあたって、プログラムに五嶋龍さんご自身が挨拶文を書かれてましたface01

五嶋さんの生演奏は初めて拝聴しましたが、鍛えられた高い技術に、アメリカ育ちのお人柄がにじみ出た表現力豊かな演奏で、聴き手には難しいこれらの演目でも、会場内の聴衆は深く聞きいっていましたface01
加えて、彼の演奏をより良いものにしたのが、息がピタリとあった共演者のピアニストの、高い技量と繊細で豊かな表現力だったと思いますface02
お隣の席に座っておられたご婦人とも仲良くなり、すてきな演奏会icon58でしたが、唯一の残念なことは、会場内の冷房が壊れているのか、終演まで暑くて暑くて・・・・汗をハンカチでふきふきしながら拝聴したコンサートは初めてですface07

地元の路面電車icon42と、JR九州&西日本の計5回、電車icon45を乗り継いで片道2時間40分強、コンサート自体は2時間で、宇部に滞在した時間より電車icon45中にいる時間のほうがはるかに長いface08、ちょっとしたローカルな列車の旅でしたface06


  


2018年07月31日

AMAピアノと歌と管弦のコンクール地区予選2018

夏休み最初の土曜日、大学の大先輩であるT先生が催されている「第8回 AMA♪ ピアノと歌と管弦のコンクール2018」の 地区予選に、公式伴奏icon64ピアニスト兼お手伝いとして、参加しましたface01

あくまで私個人の意見ですが、このコンクールicon58の特徴を申し上げるなら、「音楽に真摯に向き合う参加者に対して、温かくお迎えするアットホームな雰囲気」だと思いますface01

私は昨年の地区予選でピアノ伴奏およびお手伝いで携わらせていただき、今回で2回目ですが、コンクールでも和やかで、でも、音楽に邁進している雰囲気が会場内外に漂っていたと感じましたface02

私がピアノicon64伴奏でご一緒した方は小学生で、舞台での独唱もコンクールも初体験face08だったそうですが、本番はリハーサルの時より、のびやかに歌えてて、真摯に取り組む一生懸命なお姿は、とても素敵でした。
このような方とご一緒できた私のほうこそ、学ぶことが多かったですface01

ブログにアップできない間に、関東&関西の地区予選もすでに終了の由。次は8月末のびわ湖ホールでの全国大会。
出場される皆々様には、素敵な舞台で、思い出に残る時間となりますよう、願っておりますface01。  


2018年07月27日

古楽の祭典VOl.2

梅雨が明けた7月下旬の猛暑icon01の中、長年イタリアで研鑽を積まれたN先生主催のコンサートicon64に、いつも私の音楽icon58活動を応援して下さるF先生や、寒冷紗でお花を作る創作家のYさんと一緒に行ってきましたface01

このコンサートicon64はシリーズ2回目との事。
地元で古楽コンサートを聴く機会はめったにないうえ、今回はイタリアから、ミラノやジュネーヴの音楽院でご指導されているリコーダー奏者の方を迎えておられ、N先生の歌声と共に楽しみに拝聴しましたface01

プログラムは、1600年代~1700年後半の時代に、西ヨーロッパ各地の作曲家をとりあげての多種多彩で、歌ばかりでなく、各々の楽器を紹介できるような、組み合わせを考慮したプログラミングでした。

コンサートicon64はもちろんのこと、久々にお会いしたF先生やYさんをはじめ、日頃お会いしない調律師のNさんや私の元生徒さんでリュートを勉強しているTさん、声楽関係者の知り合い等等、ご挨拶程度でもお話できた事も何よりでしたface02

帰りは自宅近くにお住まいの友人Oさんの車icon17で、JRicon42の接続が30分待ちと悪かっただけに、有難く同乗icon17させていただき、帰路はOさんとお話に花が咲いて、これまた楽しいひとときでしたface02。  


2018年07月02日

Best of Classic公開収録2018

先日応募icon163した「NHKのBest of Classicの公開収録icon64コンサート」に当選icon22して、6月末の梅雨icon03の蒸し暑い日の夕方、私の生徒さん、元生徒さん、高校時代の親友の計4名で、地元のクラッシック専用のHホールへ行ってきましたface01

出演者は、現代音楽の第一人者と言っても過言ではない、華々しい経歴を持つ実力派ピアニストicon58高橋アキ氏と、朗読に地元の町の出身俳優つるの剛士氏で、公開収録はもとより、通常のクラッシック演奏会とは一風変わったコンサートicon64でした。

ピアニストの高橋氏は、いつかぜひ生演奏を拝聴してみたいicon59と思っていたピアニストのお一人で、表現・技術共に高いレベルに、世界一流の奏者たちが絶賛するHホールの音響も加わり、サティ、ドビュッシー、ハイパービートルズ、プーランクと、どの演奏もとてもすばらしいかったですicon100

そして、今回はプーランクなど、朗読付きの曲もあって、保育士をしている私の親友は、クラッシックに詳しくないけど、特にプーランクの音楽物語の演奏は感銘を受けたと、とても喜んでいましたface01

演奏会終了後、余韻を残して名残惜しみながら、元生徒さんからの贈物icon27お手製のシフォンケーキicon154をお土産に、帰宅の路icon42につきました。

  


2018年06月25日

ロシア・ナショナル管弦楽団2018

朝からの雨icon03がやんで、午後からお日様icon01が顔をだした、6月のとある平日の夜、アクロス福岡シンフォニーホールで催された「ロシア・ナショナル管弦楽団」のコンサートicon64を聴きに、高校時代の親友で某大手通信会社に勤めるUさんと行ってきましたface01

プログラムicon64によると、ロシア・ナショナル管弦楽団は、チャイコフスキー国際コンクールの覇者ミハイル・プレトニョフ氏が1990年、ロシア史上初めての民間オーケストラとして設立した楽団で、今日は世界中で演奏する、名実ともに一流のオーケストラとの事。

当日の演目icon64はチャイコフスキーから、あの超有名な「ピアノ協奏曲第1番」と、バレー音楽「眠りの森の美女(プレトニョフ氏編)」で、オーケストラの音色はすばらしく、昨年7月同じアクロス福岡シンフォニーホールで聴いたモスクワフィルとは異なったロシア的なサウンドでしたface01

ピアノ協奏曲のソリストicon58は、今最も旬な日本の若手ホープの一人、情熱大陸や題名のない音楽会などTVにも出演のS氏で、技術といい表現力といい、細部にわたり1音1音が丁寧で魅力ある語りかけるような音で、S氏の考えが手に取るように伝わってきて、とてもすばらしい演奏でしたicon22
アンコールの「献呈」もすばらしかったです。

今回は1階の前から3番目の席だったため、会場内の音響に加えて、舞台から演奏者の音の振動が伝わってきて、迫力ある演奏でしたface08

コンサートicon64終了後、Uさんから「やっぱり音楽はCDやDVDより生が最高よね。臨場感あふれるこの空気や奏者の息遣いは会場でないと味わえないもの。」と、御礼の言葉と共に感想を言われ、私も新たに痛感した次第です。
すてきなコンサートを聴き、Uさんとは短時間でも楽しい会話をして、心は軽く、でも名残惜しみながら、Uさんと別れて天神を後に、帰路icon18につきました。  


2018年06月14日

Beetoven詣2018

先日、梅雨の中休みで晴天icon01の午後のひととき、地元のクラッシック専用ホールで催された「ピアノとチェロのデュオicon58コンサート」に、私のチェンバロ教室icon65の生徒Kさんをお誘いして行ってきましたface01

ピアニスト・チェリストのお二人は、幅広く世界で活躍されている若手有名人、プログラムは「オール・ベートーヴェン」と、かなり興味をそそる、前評判の高い演奏会で、拝聴後の結論から申し上げると、評判以上にすばらしいicon100演奏会icon64でした。

プログラム5曲のうち4曲は、ベートヴェンが1796年ごろに作曲した楽曲で、ベートヴェンが得意とした変奏曲2曲は、作曲上、技法上、いろいろな事に挑戦した曲で、耳にした事のある有名なメロディを主題に、曲が展開していって、聴きやすかったですface01
また、チェロソナタの1番と2番は、「チェロ助奏付きのピアノフォルテのためのソナタ」と題され、先の2曲の変奏曲と同じく、チェロは脇役として位置づけられている曲ですが、バロック音楽の通奏低音の時代からは大きく飛躍前進したチェロの技法が伺えましたface01
最後の演奏された1815年作曲の「チェロソナタ4番」は、「ピアノフォルテとチェロのためのソナタ」と題しており、両楽器の対等さが意図的に聞きとれ、演奏を聞きながら同時に、音楽や楽器の歴史に作曲技法などが勉強できましたface01
そしてアンコールにはシューマンを、この日のお二人の演奏は、全ての曲が、表現といい、技法といい、全てがすばらしかったですicon22

最後に余談ですが、年齢を重ねて身体的には衰えてicon15いっているのに、音楽icon64を聞く耳だけは、以前にも増して明確にはっきりと、和声や声部はもちろんのこと、音色や技法・奏法が聞こえて、年々良くなってicon14いきますface08

子供のころから、聴力検査の度にお医者さまに「君は耳が良く聞えるね」と言われてきたので、生まれ持ったものもあるかもicon66しれませんが、それ以上に、音感教育の亡き師匠である佐々木基之先生の「分離唱」の指導の賜物だと痛感する日々ですface01

  


2018年06月11日

PTNA予選2018

梅雨icon03空の中、今年もPTNAicon64コンペ予選の裏方のお手伝いをお願いされて行ってきましたface01

毎回コンペicon64のお手伝いに携わって痛感する事は、参加する子供たちの演奏icon58レベルの高さと、演icon58奏にかける情熱の強さに、ただただ感心するばかりです。

お手伝いの関係で、会場内で生演奏は聞けず、モニターでの拝聴になりますが、コンペだから、どうしても結果に左右されてしまうものの、合否・点数は本当に紙一重の差で、落選したからといって演奏が不十分だったり未熟だったりではなく、皆さんコンペに向けて日頃から頑張っているのだろうな!と思われる演奏ばかりでした。

コンペは無事に終わり、お手伝いする立場としては、ホッとしておりますが、私も参加者たちの刺激をうけて、指導者icon65としてさらなる努力精進を・・と痛感した1日でしたface01。  


2018年06月05日

カリキュラムは無限に

お教室icon65の事で、よく質問される内容の一つに「どの教材を使ってますか?」がありますface01
お尋ねされる度に、「生徒さんお一人お一人違いますよ、一律に決める事はできません。」とお答えすると、驚かれる方が多いですface08

もちろん私も、子供さんや鍵盤初心者の方には「分離唱を土台にした教則本」を、鍵盤経験者でチェンバロ初心者には「F.CouperinのL'art de toucher le clavecin」を、というように、基本的に生徒さんに使用していただく定番の教材icon64はありますface01が、私ができるかぎり生徒さんのご希望やご要望に応じる意向である事と、取得してほしい技術や持ち合わせておられるレベルを照らし合わせて、その方に見合った教材を選んでいるため、結果としてお一人お一人異なってしまうのですface02

レッスンicon58に来てくださる以上、生徒さんお一人お一人のご希望ご要望に沿いつつ、できるだけ多くの事を学んで取得してほしい事から、おのずと生徒さんは自分だけのカリキュラムができますねface02
それは私にとって、生徒さんの人数分のカリキュラムの種類をもつことで、私自身も勉強したことのない曲目を生徒さんから提示される事もあって、私も指導するためにしっかり勉強をせねばならず、とても良い刺激と経験になりますicon09

生徒さんから提示される教材の中には、主にバロック音楽で、リコーダーやバイオリンなど、鍵盤楽器以外の曲もありますicon196
残念ながら私は鍵盤楽器以外の楽器の演奏はできませんが、少なくとも基本的な楽譜の読み方や解釈は、その時代の楽曲様式(スタイル)を把握して、各々の楽器奏法の特徴を理解すれば対応できますし、反対に生徒さんから、ヴァイオリンなど他楽器の奏法を教えてもらえますicon22
事ある度に思う出すのは、亡き師匠P.Coraggio教授の「一生が勉強です」というお言葉です。レッスン(教える)の仕事をするかぎり、私は常に自己研鑽(勉強)に精進せねばと痛感しておりますface01



  


2018年05月11日

モダンピアノでバッハ、フォルテピアノでモーツァルト&ベートヴェン

平日午前5時からBSプレミアムで放送icon13されている「クラッシック倶楽部」。
日頃のレッスンicon58で活かすべく、私自身の勉強のために・・・と、私のジャンルや興味あるコンサートをときどき録画icon13してますが、日々の慌ただしさからなかなか見れず、ゴールデンウィークicon96を利用して、いくつか拝見しましたface01

今回見たのは、主に「モーツァルトやベートヴェンのソナタを、フォルテピアノで演奏したコンサート」2番組と、「バロック音楽の代表である<バッハ>の曲を、モダンピアノで演奏したコンサート」3番組。
クラッシック倶楽部で放送されるコンサートだから、どの演奏家も一流の奏者ゆえ、曲の解釈や理論・様式が理解できる演奏ばかりでした。特に印象的だったのは、モダンピアノでアーティキュレーションとフレーズが技術的に完璧に表現されていた事ですface08

改めて、チェンバロやフォルテピアノは、モダンピアノを演奏技術向上に役立つな!とicon22、加えて、これらの技術を聞きわけられる耳を養えたのは、「分離唱※」のお陰だなと痛感した瞬間でしたface02

※分離唱
  http://musique.yoka-yoka.jp/e2004273.html
  http://musique.yoka-yoka.jp/e2017303.html  


2018年04月28日

生徒さんのFBより(教室ご案内)

突然ですが、私が指導しているチェンバロicon65教室の生徒Hさんが、ご自身のfacebookicon80に「チェンバロicon65教室のご案内」を掲載してくれました。シェアさせていただきますface01

響ホールチェンバロ教室ご案内

自主運営となって4年。
講師は変わらず、西田和美先生です。

レッスンは「月2回×40分」
 または「月1回×80分」で、
開講日は月2回「日曜」または
「水曜」(たまに変動有り)。

月謝は¥12000、
 (諸経費¥2000を含む)。

音楽(楽器)経験の有無は問いません。
初心者OK! むしろ、そんな方のほうが向いてるかも…です(^^;)

堀氏の遺作とも言われるチェンバロを弾いてみませんか?
詳しいお問い合わせは、私までどうぞ。

古楽は音楽のルーツを辿る楽しみがあります。
ジャズやポピュラーにも共通点が意外とあって勉強になります。
  


2018年04月17日

教え子たちはプロの音楽家に

私は1997年から1999年までの2年強、南米のエクアドルに住んで、エクアドル国立音楽院icon64のピアノ教授として、指導や演奏の活動をしておりました。

その時に指導したり、室内楽の伴奏をした生徒さんたちが、今はプロの音楽家となって活躍しておりますface02

彼らが私の事を覚えていて、Facebookicon80で探してくれたお陰で、彼らの音楽icon58活動や日常を知る事ができ、とても嬉しく教師冥利につきます。彼らの今後の活躍icon64がとても楽しみですface01

ちなみに、彼らだけでなく、エクアドル国立音楽院の院長や同僚の先生方、そして、サレシアナ大学に聴講生として在籍した時の英語クラスの恩師やクラスメイト達とは、Facebookを通じて今でも交流しておりますface02。  


2018年04月13日

鶯の鳴き声に慌てて・・・

3月半ばごろからほぼ毎日、朝に夕に鶯の鳴き声が聞こえてきます。
鶯の声はとてものどかで、耳にとても心地よく、耳も心もリラックスしているを実感します。

仕事(レッスン)の事とか、自分が勉強した事・感じた事などなど、ブログに書き残しておきたい事がたくさんあるのですが、3月に入ってから、なぜか私的な事で慌ただしい日々が続いていて、なかなか落ち着いて物事に取り組めず、ゆえにこのブログもお休みに近い状態です。

今日は、ブログに書かない間に鶯がいなくなってしまいそうで、慌てて今、鶯の鳴き声をききながら、これを書きました。

鶯の鳴き声が聞こえる季節が終わる前には、私の音楽日記を再開したいです。  


2018年03月30日

ヴァイオリンとピアノの夕べ2018

先日のとある仕事icon58帰りの夜、「ヴァイオリンとピアノの夕べ」と題するコンサートicon65を聴きに、ウェル戸畑へ行きましたface01
このコンサートicon65は、Y先生のご紹介で、今は親しくお付き合いさせていただいている音楽仲間「R子さんご夫妻」が主催する室内楽のコンサートicon65です。

前回の2年前のコンサートicon64も、多彩、かつ、ボリューム満点のプログラムで、この時は「Bachの無伴奏パルティータ2番BWV1004」が特に印象深くて、これをきっかけに、この組曲の最終曲「シャコンヌ」のチェンバロicon64独奏版の演奏に取り組んだ次第です。

今回はオール・ドイツ物、モーツァルトにブラームス、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタに加え、シューマンのピアノ独奏に、バッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータと、前回以上にボリュームあるプログラムで、聴く方も体力・周流力を持って心して聴かないいけないですが、奏者は「体力・気力・実力」と三拍子そろってこその演目だったと思いますface08。これだけの演目に取り組むR子さんご夫妻はすごいなぁと、ただただ尊敬するばかりで、終了直後に「次回のコンサートが楽しみです」と感想を述べて帰宅の路につきましたface01

余談ですが、この3月からJR九州が列車icon42運行を大幅削減したため、コンサート会場は最寄りのJR駅より徒歩1分にもかかわらず、駅に到着してから25分も電車を待たねばならず、つくづく地方の交通事情の悪さを痛感しましたicon196

  


2018年03月05日

ヴラマンク展

2月下旬のお天気icon01良好だった日、北九州市立美術館分館で催されていた「ヴラマンク展」に、いつも私の音楽icon58活動を応援して下さるF先生のお誘いでご一緒に行きましたface01

F先生とは昨年秋以来の久々の再会で、お互いお会いしなかった間の出来事など、お話もりだくさんの中、80枚近く展示されていた「ヴラマンクの油絵作品」の1枚1枚を、丁寧に観賞しましたface02

ご案内チラシ掲載の作品も、色合いがすばらしく、とても素敵でしたが、私は数多く展示されていた「冬の景色」の作品群の、明暗度の色使いに興味を持ちました。
ヴラマンクはヴァイオリン奏者や競輪選手としても活躍した多才で、文才もすぐれており、数多くの印象的な言葉を残しています。特に彼の遺言は全てを物語っていて印象に残っています。

F先生は芸術に造詣深いお陰で、いろいろなコンサートicon58や美術鑑賞に同行させてもらえて、私にとっては良い勉強ですface02
もちろん、たわいもないけれど楽しいお話もたくさんあって、充実した時間をすごさせてもらい有難い限りで、F先生にはただただ感謝です。
次回を楽しみに頑張りますface01。  


2018年02月26日

勉強会2018・・・皆さんのコメント

毎年2月恒例の「響ホールチェンバロicon64教室」の総会&懇親会&勉強会icon65。下記(抜粋)のとおり、生徒さん達から感想やコメントなどをいただきましたface02

みなさんのご感想など

★おはようございます。昨日はありがとうございました。楽しかったです(^^♪。 いろんな曲を先生に教わりたいなという気持ちがますます強くなりましたface02。【Hさん】

★今日は大変お世話さまになりました。皆さんの演奏を聞いて、大変刺激になりました。先生の演奏icon58をお聴きして、感動、私も頑張りますicon21。楽しい時間でした。ありがとうこざいました。【Tさん】

★今日はお世話になりました。ズッポリ音楽に浸れた楽しい時間でしたface01。【Kさん】

★今日は、チェンバロicon64教室の勉強会でした。

先に総会を開いて、諸々の事を話し合い(自主運営のため)、皆さんでランチicon28。くじ引きをしたKさんが、なんとアタリ ❗スプーンをgetされましたicon22

 それから、本番の勉強会icon64。忘れていたこと、ちゃんと覚えていたこと、色々確認できましたface01

終了後、OGの方からの差し入れで皆さんとお茶icon137。さすが神戸のお菓子。オサレ〜なクッキー。

次回のレッスンicon64からは、また基礎をしっかり学び始めます。

「響ホール チェンバロ教室icon64」は、40分レッスンを月に2回行っています。講師は、西田和美先生です。楽器は、故 堀氏の作品 フレンチスタイルを使用しています。

西田先生は、勿論チェンバロの奏法のレッスンを行って下さいますが、通奏低音やバロック様式などのレッスンも見てくださいます。
レッスン見学も出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

私も「弾いてみたいなぁ」の不純?!な動機から始めましたが、今は離鍵(音の処理)やフィンガーペダル(ピアノの時にダンパーペダルを頼らずに弾きたい)を上手くなりたいなって目標があります。

ダンパーペダルを使うことは悪くないんだけれど、頼りきりにしない。自分の指で、どこまでちゃんと音が出せるか。等々、クラシックでもジャズでも大切な奏法が学べてるなって思ってます。教室の皆様、先生、今後とも宜しくお願いしますm(__)m。 【Iさん】



  


2018年02月23日

教室の勉強会&懇親会2018

今年も響ホールチェンバロ教室icon64の勉強会&総会&懇親会が無事に終わりましたface01。1年に1度、2月のレッスン日に、生徒さん達が一同に集まる催しですface01

日頃はマンツーマンのレッスンicon58ゆえ、生徒さん同士でも、レッスンの時間帯が近い人としか、顔を合わす事がないので、人によっては、この日がはじめまして・・・・とご挨拶をされる方もいますが、チェンバロicon64という共通の話題があるからか、皆さんがこの雰囲気にすぐに打ち解けてくれ、催しは滞りなく進みますface01

今年は事務仕事の総会を午前中に、それから昼食icon28を兼ねた懇親会、そしてメインの勉強会icon65というスケジュールとなりました。

勉強会icon65は、音楽を仕事としていない生徒さん達もおられますが、毎度の事ながら、音楽専門の人でも知らないような、中身が濃く、質・レベルの高い内容になっていますface08
生徒さん達も、まわりから多くの刺激をもらい、新たな気持ちで、次年度の集まりの日【2019年2月11日(祝・月)に決定】まで頑張ろうicon21icon59と思ってくださっているようです。そして何より、私自身が「もっと精進せねば・・・」と、毎回多くの刺激をいただきますface02。しかし、のんべんだらり、ぐ~たらのほほ~んの私は、なかなか長続きはしないのですが・・・・face06

今年は、リコーダーを長年されているKさんに、ご自身のチェンバロ独奏だけでなく、リコーダーで私と共演していただきましたface02。お陰で、通奏低音icon64のセミナーまででき、最適でしたface01

勉強会icon65終了後は、懇親会第二弾として、教室に11年弱在席されたOGのKさんが贈ってくださったクッキーで、お茶icon153しながら楽しい会話が弾み、名残惜しく1日を終了しましたface02

  


2018年02月11日

2月は忙しいのに・・・・

今年は「ラ・ニーニャ(La Nina)現象」のため、とても寒いicon04ですね。
毎年2月はHホールのチェンバロ教室icon64の年度末総会と勉強会に加えて、個人的には確定申告の時季も重なってとても忙しい時季なのですが、今年の冬icon04は寒さが厳しいうえ、長く続くので、物事は何にもはかどらず、疲れはててしまい困っておりますface06
私は暑さicon01に弱いので、夏は頭はボ~っ体はダラ~ぁっとして何もできないface06(というよりサボる口実)けど、冬は体の動きが鈍く手足はガチガチで動かなくても頭は超さえるicon100ので、2月の忙しく時季でも物事が滞る事はないのですが、今年の冬は例外ですicon41
寒さに愚痴っても仕方ないですが、疲れ果てたので、ここで愚痴ってまた明日から頑張ろうと思いますface01。  


2018年01月31日

Coraggio教授の教え

突然ですが、私の知人で日本チェンバロ協会会員のチェンバロicon64奏者、Y氏が最近、Bachの練習法についての本を出版されましたface01
バロック音楽を指導・演奏icon65する私としては、この本に興味があったので、Y氏にお願いして、発売と同時に郵送icon163していただきましたface02

読み進むにつれて驚いたface08事は、私の今は亡きピアノicon58の恩師、アメリカ人のP.Coraggio教授の教えと同じ内容だった事ですface01
チェンバロ奏者のY氏は、ご自身の専門上、タイトルに「Bachの練習法」と題してますが、これらの内容は、チェンバロやバッハだけでなく、他の作曲家やピアノの練習にも役立つ内容ですface01

Coraggio教授が亡くなって早9年、Y氏のご本は、Coraggio教授が私に「基本を忘れずにicon59」と諭しているように思えましたface01。これからの生徒さん達のレッスンに役立てなければ・・・と決意新たに、Y氏のご本を読み終えました。  


2018年01月22日

CEFシリーズVol.7

1月21日(日)、「北九州市民通訳協会」の新年会に出席しましたface01

通訳協会の活動は、一昨年10月、門司港に寄港したフランス客船「Le Soleil」のアテントをさせていただいたのが最後で、総会も自身の仕事等で出席していなかったので、今は完全な幽霊会員face06ですが、長らくお会いしていない諸先生方や友人、私が活動していない間に会員になられたお二人のメンバーには、皆さんとわけ隔てなくお話させていただき、とても楽しいひとときでしたface01

通訳協会の会合の後は、二次会のお茶icon153に誘われたものの、申し訳なくお断りしてface06、次の予定のコンセール・エクラタン福岡の古楽演奏会icon65を聴きに行きました。

今回の演奏会は3会場で催されたようで、どの会場も盛況だったとの事。CEF主要メンバーのコンマスH君とは、以前2度ほど一緒に演奏させていただいた事がありますが、昨年10月の福岡古楽音楽祭のマスタークラスの時も腕をあげてましたが、今回はその時より一層磨きをかけた演奏になっていて、人ごとながらH君の成長ぶりはとても嬉しく感じましたface01

演奏会終了後は買い物をして、終日充実した時間を過ごせて心身ともに足取り軽く、帰宅の路につきましたface02。  


2017年12月28日

クリスマス クラッシックコンサート2017

クリスマスの夜、J:COMicon13北九州とNHKicon13北九州の主催で「クリスマス クラッシックコンサートicon64」が、リヴァーウォーク内にある「北九州芸術劇場 中劇場」で催され、大人の生徒さん2人「TさんとYさん」を誘って行ってきましたface01
このコンサートicon64は、日頃のご愛顧に感謝してJ:COMicon13北九州が、「観客700名様をご招待して、NHKicon13北九州と共催したコンサートicon64」で、私が応募して当選icon22、3名分のご招待をいただいたものですface01

今回のコンサートicon58は「クラッシックコンサートicon58」と題してても、通常のクラッシックコンサートicon58と少し趣向が異なっていて、お堅いクラッシック音楽のイメージとは程遠く、映画音楽にディズニー、チックコリアのジャズにクリスマスメドレーといろんなジャンルの演目からプログラムが構成されていました。
クラッシック音楽icon65では、日頃あまり耳にしない「ハイドンの弦楽四重奏」に「ドビュッシーのピアノ三重奏」や「カプースチンのピアノ五重奏」と、私も初めて聴く曲が多かったです。
特にカプースチンはジャズの要素がふんだんに盛り込まれていて、演奏するとなるとリズム音痴の私は困難の連続でしょうが、聴く分にはとても耳に心地よい音楽でしたicon100

ご一緒したTさんもYさんもとても喜んでくださり、お二人とはレッスンicon65の時とは違ったひとときをご一緒できて何より良かったですface01
会場を出た途端、外は冷たい空気icon04に覆われ、駅までの徒歩5分は凍えるくらい寒かったですが、3人で寒い寒いと言いながら楽しく帰路icon42につきました。
  


2017年12月24日

チェンバロはピアノ上達への近道

ピアノicon58とチェンバロicon64と、両方を指導(レッスン)したり、自分自身が演奏icon65していて、日に日に痛感・確信する事がありますface08

それは、ピアノicon58を弾くのに、チェンバロicon64演奏の知識や技術(テクニック)は、ピアノicon58の上達に大いに役に立っているという事ですface05

もちろん、ピアノicon58とチェンバロicon64は同じ鍵盤楽器ですが「似て非なる楽器」、ピアノicon58はハンマーで弦を打つしくみ、チェンバロicon64は小さく薄いツメで弦をはじくしくみゆえ、同じ技術では演奏できませんface07

ただ、チェンバロicon64を学ぶ上において必要とする要素、

①タッチ【音の発し方(出し方)と処理の仕方】
②フレージングとアーティキュレーション、および、アーティキュレーションと指使いの相互関係
③装飾法と様式
④和声学(理論)
⑤通奏低音(コンティヌオ)

これらは、ピアノの勉強に対して共通事項が多く、、ピアノicon58を学ぶ過程で大いに役立ちますface02icon100

チェンバロicon64が活躍したバロック時代の音楽は、「言葉で語るように音で語る」、つまり、楽器を使って言いたい事を伝えられる音楽です。

例えば、百人一首を現代語訳で暗唱してもピンとこないでしょうし、「ローマの休日」をフルカラーで観てもいまいちではないでしょうか。

つまり、その曲が作られた時代の楽器に触れる事で、当時の大作曲家たちの意向やあるべき姿を理解しやすくなりますicon22

私の音楽教室icon65には、私の考えや意向に賛同して指導(レッスン)を受けるために、アマチュアの方はもちろん、プロのピアニスト、ピアノ講師の方々がレッスンに通って下さってます。チェンバロicon64を学ぶこと、それは説得力のあるピアノicon58演奏への近道ですface01
  


2017年12月07日

和音から入るピアノ教則本

<分離唱>を考案された、私の音感教育の師匠である故佐々木基之先生は、<分離唱>に関する著書「耳をひらく」「耳をひらいて心まで」に加えて、「楽しくすすむ 佐々木ピアノ教本 ~和音から入る音感教育~ 作曲・即興への入門」というピアノ教本(楽譜)も出版されておられ、この教則本は、初版からすでに65年以上たちますが、改訂を重ねて現在に至っておりますface01

この教本の一番の特徴は、【和音から入門する】事ですface08

私がピアノicon58を習い始めた子供のころと違って現在は、巷に存在するピアノの教本は数えきれないくらい多種多様ですが、和音から入るピアノ教本はほとんどないと思われますface06
和音から入る勉強法は、音感を身につけながら、手の形を含めてピアノを演奏する際の自然な体の使い方ができる事ですicon100

佐々木先生のレッスンを受けて以来、「ピアノ(鍵盤)初心者」や「手や指に癖のある生徒さん達」には、「楽しくすすむ 佐々木ピアノ教本」をお薦めして、ひととおり勉強してもらっていますface01。  


2017年11月26日

分離唱

福岡古楽音楽祭icon64のマスタークラスについて書いた時に取り上げた「分離唱」について述べたいと思いますface01

「分離唱」とは、私の恩師である故・佐々木基之先生が創案した「音感訓練法icon65」ですface01

私が大学生だった当時、音楽誌の「ムジカノーヴァ」で<耳をひらくー分離唱のすすめ>という記事が連載されました。
この記事を読むとともに、佐々木先生が出版された本、「耳をひらく」と「耳をひらいて心まで」を購入して読み、自分に足りないものを学ぶべく不躾にお電話icon83をして、当時住んでいた関西から東京までレッスンicon65に通いました。

最初のレッスンicon65では誰もが「バイエル」を演奏するように言われますface08。音やそのハーモニーを感じながら弾く練習です。
ピアノはたくさんの音を同時に出せる楽器で、ひとりでオーケストラのようなことも出来ます。またピアノは音を出すという点では、弦楽器や管楽器のように音程を自分で作る必要はなく、音が調律によって決められ、鍵盤に触れればたやすく音が発せられますが、出した音を聴くという点では難しい方かもしれませんface06
今までに私の教室に来られた生徒さん達も、最初のレッスンでは「音を聴く」という作業ができない方が多いのは実情ですface06

「分離唱」を勉強する前と後では、音の聴き方に大きな変化が生じて、今では各声部をよく聴けるようになりましたicon100
この分離唱の技術は特に、バロック音楽を演奏する上においては最適だと今も痛感しています。音全体が聴こえると、ピアノやチェンバロの演奏にプラスになります。事あるごとに恩師には感謝ですface01



  


2017年11月12日

北九州国際音楽祭2017

11月11日(土)午後、地元のクラッシック専用ホール"響ホール"で催された「バッハ・コレギウム・ジャパン」の古楽コンサートicon58を、私自身の通奏低音(コンティヌオ)の勉強icon65を兼ねてスコア持参で、一人で聴きに行きましたface01

曲目は、
①J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番BWV1067
②J.S.バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第5番BWV1050
③A.ヴィヴィルディ:四季ー和声と創意の試みop.8

曲目icon58を書いて並べてみると堅苦しく感じますが、これらの曲icon58は古楽専門の方でなくても良く耳にしたり演奏されたりする曲icon58ですface02
私自身も今までに、九州交響楽団や響ホール室内合奏団、コンセール・エクラタンの方々とご一緒に演奏icon65させていただいた曲だっただけに思い入れもあり、また今後もし演奏する機会があればどのような通奏低音を奏でるかな?なんて思い描きながらを拝聴icon58しました。

出演者のバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーは、世界規模でご活躍の方々ゆえ、名実ともにすばらしい演奏で、終わってみれば2時間があっという間face08でしたが、疲れも感じず、帰路は足取り軽く、でも頭の中はコンサートで拝聴した通奏低音を思い起こしながら家路icon42につきました。このコンサートは私自身の研鑽icon65を積む、とても有意義なひとときでしたface01。  


2017年11月06日

ヒストリアツアー2017

とある日、博多駅発の「宗像大社・香椎宮・筥崎宮」をめぐる日帰りツアーに行きましたface02

これは、JCOMがクラブツーリズムに委託した、JCOOM主催のご招待ツアーで、なんと30倍強の倍率で当選した女性のみの、ランチ付き神社巡りでしたface08

早朝、JR特急icon165で博多へ、ツアーのバスicon18で最初の目的地「宗像大社」に。この夏、世界遺産になったばかりですが、さすが朝9時前だと、人も多くなく、ゆっくり3時間かけて見学icon22

正午になったら、「宗像大社」を後に、近くの白を基調とした素敵なホテルでランチicon28


1時間半のランチicon28の後は「香椎宮」へ。


福岡市内に入ると交通渋滞にあい、「香椎宮」も、その後に見学した「筥崎宮」も、ゆっくりした時間が持てなかったのは残念face06でしたが、どこも遠方ゆえ、なかなか訪れる機会がなかっただけに、充実した良い1日でしたface01

帰宅は博多からJR特急icon43で、さすがに少々疲れ気味でしたが、バスでお隣りの席に座った方が、とても気さくで素敵な方で、車中も楽しいおしゃべりをして、久しぶりに楽しく、リフレッシュしたひと時でしたface02
そして気持ち新たに、レッスンicon65を頑張りま~す!
  


Posted by kazumi-san at 16:42Comments(0)出会い趣味日常のつぶやき

2017年11月03日

マスタークラス2017

10月に福岡で催された「新・福岡古楽音楽祭icon58」のマスタークラスicon64を今年も聴講してきましたface01

受講される方の顔触れが異なるのはもちろんですが、講師の先生方もメンバーが一部異なるので、マスタークラスは受講するのはもとより、聴講するだけでも、本当に毎回、たくさんの収穫がありますface01

今年の聴講icon64では、今まで私が学んできた事や教えてきた事、特に下記の3点が、確固たる確信になったと痛感しましたicon22

①ピアノの演奏・指導にとどまらず、音楽様式や歴史など、音楽を総合的にとらえた故P.Coraggio教授の指導。
②「分離唱」を発案して音感教育を推進された故佐々木先生の教え。
  http://musique.yoka-yoka.jp/e2004273.html 
  http://musique.yoka-yoka.jp/e2017303.html 
③チェンバロの勉強のピアノ上達にもたらす相乗効果を諭してくれたC.Parer教授の指導。
  http://musique.yoka-yoka.jp/e2012778.html

各々については、別枠で後日、改めて書こうicon81と考えておりますface01



  


2017年10月30日

生徒さんの言葉

ある生徒さんが、私のレッスンicon65で学んだ事を、2度にわけてSNSicon82にupしてましたface08

書いてある通りなら機械でも演奏できる。 楽譜の向こう側にあるものを、作曲者が意図するものを感じながら弾け❗と。
もう忘れちゃってることもたくさんあるけど色んな大切なことをいっぱい教えて頂いたな✨
チェンバロの先生にも言われるけど、楽譜を読み込むのも練習のうち。弾くだけじゃ気付かないこともあるよ、と。 確かにそう❗
1つ1つの音を大事に、フレーズを感じて、楽譜から見えてくること、隠れてる向こう側のこと、作曲者の想いをくみとり、自分という表現をだし、周りの音を聴き、自分の放つ音もちゃんと聴く。
色んな要素を取り入れて、曲が完成されていく。
これは、ジャンルを問わず言えること。


さっき、合唱団の練習に行ってたんだけど、昨日チェンバロのレッスンの時に教えて頂いたことを実感した ❗
やっぱり、そうなんだー ❗ 伴奏するとき、気を付けよう!


彼女はピアノicon58演奏をお仕事としていて、超ご多忙・ひっぱりだこの売れっ子演奏家icon64ですが、自己精進のため・・・と、時間を割いて月2回のレッスンicon65に来てくださいます。

彼女の真摯な姿勢に、私のほうが彼女から学ぶ事が多々あり、頭が下がる思いです。ぜひ、彼女の軌跡を残しておきたくて、今回このブログに載せましたface02
  


2017年10月29日

新・福岡古楽音楽祭2017

先日開催された「新・福岡古楽音楽祭icon58」、お天気には恵まれませんでしたが、今年も連日、アクロス福岡まで高速バスicon18で通いましたface01

今回も、クイケンカルテット、ラ・プティット・バンドのオペラ、ソプラノ&チェンバロの「ヨーロッパお国めぐり」コンサートに、各楽器のマスタークラス、合奏や合唱のセミナー、リコーダー合奏などなど、超盛りだくさんの内容でしたface08。もちろん、全てに参加できたわけではありませんface06

本当は自己研鑽のためには、全てのセミナーicon64を拝聴・聴講したいのですが、開催期間が3日間で、セミナーicon64は各部屋で同時に催されており、開催されている中で一番自分にとって重要な講座を仕方なく選んで参加しましたicon41

セミナーicon64を聴講・受講する度に感じる事は、私の師匠達の指導がいかにすばらしい内容だったかを痛感し、それらが音楽教育家としても演奏する際にも、今の自分の礎で大いに反映していることです。
このことについては、改めて後日、書こうと思いますface02

とにかく今年も「新・福岡古楽音楽祭icon58」は、私にたくさんの収穫をもたらせ、盛況の中、名残惜しく終わりました。
今から来年がとても楽しみですface01

最後に余談ですが、音感教育「分離唱」の師匠、故佐々木基之先生の教室で出会った友人に、この音楽祭で10年ぶりに会えた事も、大きな喜びでしたface01。  


2017年10月14日

後期・広重ビビッド

お天気がすっきりしないicon02とある日、長年にわたり私の音楽活動icon58を応援してくださるF先生と、北九州市立美術館分館で催されている「広重ビビッド」展に行ってきましたface01
F先生がこの前期の催しを見に行って、いたく感動・感銘を受けたとかで、久々にお会いしてお茶icon153したいからぜひご一緒に・・・・と、お誘いくださった次第ですface01

会期中、展示の入れ替えがあったため、私は後期の展示しか拝見しませんでしたが、それでもF先生のおっしゃるとおり、館内を2時間強かけて見て回るほど、確かにすばらしい催しでしたface08
数多くの浮世絵作品のすばらしさはもちろんですが、これらが「原安三郎氏」個人のコレクションで、これらの作品の展示が日本では北九州が初公開との説明書きを読み、ますます感銘を受けましたface08

春以来お目にかかっていなかったので、F先生とはお互いの報告事項は盛りだくさん、お話もはずみ、お別れするのが名残惜しく、次回は忘年会でも・・とお約束をして、帰路につきましたface01。  


Posted by kazumi-san at 17:14Comments(0)趣味日常のつぶやき