音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2012年11月26日

11月23日(祝)、大相撲九州場所2012を見に、福岡国際センターへ行ってicon18きました。
当日は雨icon03の予報でしたが、おかげ様で傘をさすこともなく、寒さも厳しくもなくface06、お出かけにはまずまずのコンディションでした。

特に相撲が好きというわけではありませんでしたが、昨年を除いて3回ほど、九州場所を観覧する機会がありface08、相撲の詳しい事はわからないけれども、テレビicon13で見るのとは違って、直接自分の目で取り組みを見る面白さがありますface01
また、会場の雰囲気も、テレビでは映らない箇所があったり、相撲の取り組みだけでなく、全体を見渡せるのも良いかと思いますface02

初めての九州場所は東側に、2回目は西側、そして、今回は向正面席からの観覧で、土俵を見る位置が毎回変わると、観覧も新鮮さが増し、加えて今年は、向正面のテレビicon13解説者の真下の席でしたので、解説者の生の声で取り組みの解説をきくことができましたface08
ほんとうに楽しい1日でしたface02。  



2012年11月20日

11月16日(金)午後、2012北九州国際音楽祭のサロンコンサートicon65へ、北九州市戸畑区の西日本工業倶楽部まで行ってきましたface01
もともと私は、水巻町の小学校の通訳ボランティアの関係から、このコンサートicon65へ行く予定ではなかったのですが、前日の夜、いつも私の音楽活動を応援してくださる、一番の理解者のF先生より、一緒に行く予定だったF先生のご友人が急用で行けなくなったので代わりにと、お電話icon83があった次第ですface08

当日はお天気icon01がとてもよく、加えて、西日本工業倶楽部は知る人ぞ知る、アールデコ調の迎賓館のような素敵な建物で、付随するお庭もすばらしく、今は特に紅葉の時季でいっそう趣があり、サロンコンサートicon65にぴったりのスチュエイションでしたicon100
そして演目はバリトン独唱、歌手の与那城さんの奏でる、日本歌曲とオペラは心地よい響きで、コンサート終了後icon65にふるまわれたお茶icon137とケーキicon154も、さすが西日本工業倶楽部!絶品でしたicon100

「小学校でのボランティアを頑張ったご褒美icon154」と、お誘いくださったF先生には深く感謝する次第で、楽しいひと時をF先生と共に過ごし、心満たされて帰路icon18につきましたface01。次回F先生とは、アクロス福岡へ、ピアノコンサートicon58に行きます。ソリストは、ショパンコンクールの覇者、今から楽しみですface02。  



2012年11月17日

11月15日(木)早朝から、水巻町の小学校へ、通訳のボランティアに行ってきましたface01

小学校での催しは、オランダ戦争犠牲者の会で来られた、オランダ人のグループと小学生による交流会で、この交流会は過去6回催されており、私は2回目より携わっていて、今年で5回目の参加でしたicon21

日本icon96の外務省が中心となって企画・実施されている、オランダ戦争犠牲者の会の日本訪問icon20は、過去すでに8回実施されていて、水巻町へはこの町にオランダ人の慰霊碑があるため、訪れるそうですicon11

その際、オランダ人のグループが、町内にある小学校も訪れ、子供たちは「日蘭の国際交流」に携わってきましたicon21

小学校では歓迎の行事が目白押しで、1年生のお出迎えに始まり、学校主催の歓迎式典には3年生が歌を披露、4,5,6年生は各々、日本の遊び・音楽・習字の授業参観、2年生は児童主催による歓迎式典で踊りを披露・・・というように、小学校全体が一丸となって、この催しに取り組んでいましたface08

私はオランダ人のアテント(通訳)に加え、昨年までの過去4回は式典で、両国の国歌をピアノicon64演奏しました。
私が参加した5年前は、通訳や諸々のお世話するボランティアも少なく、一人で3,4人のオランダ人を相手に通訳等のお世話をしておりましたが、この催しに取り組む学校側の姿勢が認められたようで、年々、催しの規模が大きくなっておりますicon14

来年度以降も、オランダ~日本間で、この催しは実施されるとの報告でしたが、この催しにかかわってきた私の知人である小学校の校長先生が、今年度で定年退職される事から、私のこの催しの参加は今年で終わりです。充実した貴重な機会を与えていただけて感謝しております。  



2012年11月13日

今日11月13日は、父のお誕生日icon154です。
あいにくの雨模様icon03ですが、すでにお誕生日icon154のお祝いicon142icon151を済ませてしまった我が家では、今日の雨icon03より、お祝いをした日がお天気icon01だったのでよかった・・なんてお話しておりますface01
いつも家族のお誕生日icon154は、家族で当日にお祝いするのですが、なぜか今日は、お誕生日icon154の当人を含めて、家族全員がそろわないため、事前にお祝いをすませてしまいましたicon59
はじめに先月半ば、所用でデパートへ行った時にプレゼントのバックicon27を買い、一昨日は日常の買い物の際に、ケーキicon154を買って、その時にローソクを年齢分つけていただきましたface08。最後に昨日は食事会icon142icon151、父の好みのものを食して、一連のお祝いをすませて、当日の今日は、なにもなしface07。私は仕事へ行ってきますicon14icon23。  



2012年11月07日


演奏会icon64のご案内です。
北九州交響楽団の第108回定期演奏会icon64が催されます。
詳細は上記のチラシのとおりですface01
会場の北九州芸術劇場は、JR西小倉駅icon42より徒歩5分です。

私が指導するチェンバロ教室icon65で勉強しているTさんが楽団員で出演されますface01。盛況で楽しい演奏会となるよう、願っておりますicon22
  



2012年11月07日


演奏会icon58のご案内です。
北九州聖楽研究会の定期演奏会icon58が催されます。
詳細は上記のチラシのとおりですface01
会場の北九州ソレイユホールは、JRicon42西小倉駅、または、JR小倉駅より、ソレイユホール経由の西鉄バスicon18に乗り、ムーヴ前下車徒歩1分弱です。

この演奏会には、私の友人のIさん、Mさんが研究会のメンバーで、また、F先生がオルガン奏者としてご出演されますface01。演奏会のご成功と皆さんのご活躍を心よりお祈り申し上げますicon100

  



2012年11月06日

10月30日、アクロス福岡主催の「松本バッハ祝祭アンサンブル」の演奏会icon64に行ってきました。

タイトルどおり、プログラムはオールバッハface01。各パート全て演奏者は1人、ピリオド楽器使用のバロックピッチでの演奏。
この編成だと、会場のアクロス福岡は広すぎるface08ので、1階席の後部4分の1程度、2階席のサイド4分の1程度と後部全席、3階席は全席をクローズして座席指定し、ほぼ満席状態でのコンサートicon65
会場は宮廷のような雰囲気が漂い、聴衆は静かに耳を傾けて演奏を聴いておりましたface02

先日聴いた「新イタリア合奏団」の演奏会では、「モダン楽器使用のモダンピッチ」、今回は日本人が演奏する「ピリオド楽器のバロックピッチ」、その聴き比べに私はとても興味深く聴き入りましたface02
特に「新イタリア合奏団」の演奏会と同じ演目の「ブランデンブルクの5番」は、同じ曲なのにとても対照的な演奏で、私にとってはとても良い勉強でしたicon100

余談ですが、後日聞いた話によると、いつからかはわかりませんが、ももちパレスにあったチェンバロを修理して、今はアクロス福岡に所蔵され、演奏会で使用させているそうです。
アクロス福岡もチェンバロを所蔵した事は、チェンバロ奏者にとっては、とても嬉しいお話で、今後は、関東や関西のように、もっと福岡や北九州でも古楽の演奏会が催されれば良いなと願っておりますface01。  




< 2012年11>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved