音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2011年11月29日

今年の夏から秋にかけて、自分が出演する演奏会icon65で慌ただしくしておりましたicon196
それらも、NHK北九州放送局icon13のサンデーコンサートicon65出演後にはひと段落し、今は、私の演奏を聴きに来てくださった方々が出演する、演奏会icon58を聴きに行く日々が続いておりますface01

まず11/20(日)、響ホール教室の合間をぬって、ウェルとばたで催された「第4回北九州市障害者芸術祭」で、リュートを独奏した、Tさんの演奏icon64を聴きました。
Tさんが、緊張ながらも一生懸命に演奏されるお姿に、感動と刺激をうけましたicon198

公でのリュート演奏自体が珍しいので、ぜひ友人や生徒さん達にも、リュート演奏を聴いていただくべく、Tさんには、1/29(日)の響ホール教室交流会icon64で演奏して下さるようお願いし、快諾いただいておりますicon22

それから、先日の日記に掲載したとおり、11/24(木)は、アクロス福岡での「クリス・ボッティ氏のトランペット」icon58を聴きました。

そして、昨日11/27(日)は、北九州聖楽研究会の定期演奏会icon58で、ハイドンのオルガン協奏曲と、モーツァルトのレクイエムを聴きました。

このコンサートには、オルガンで友人のF先生が、研究会の合唱団からは、ソプラノのMさんとテノールのIさんが出演しておりました。

北九州聖楽研修会は1969年発足の歴史ある団体で、おもにバッハ・ハイドン・モーツァルトなどの宗教曲に取り組んでいるとの事です。

同日、彼らの演奏会の前に、私の亡き恩師、P.コラッジオ教授で同門だったN先生と、教授をしのぶお話をしながら、昼食icon28と共にしました。

昼食をとったイタリアンレストランが、偶然、NHK北九州放送局icon13から徒歩1分のところだったので、ふと思い立って昼食後は、サンデーコンサートicon58を聴きに行きました。

この日のサンデーコンサートはピアノデュオで、拝聴後はN先生とお茶icon121しながら、再びコラッジオ教授のピアノの指導についてお話しました。

来週は、S.T.さんとT.T.さんが出演する、下関でのコンサートicon58に行きます。彼女たちが演奏するバロック音楽、今から楽しみですface02。  



2011年11月25日

11月24日(木)、アクロス福岡シンフォニーホールicon58で催された「クリス・ボッティ ジャパンツアー 2011」を聴きに行きました。

クリス・ボッティ氏は、全世界で5000万枚face08セールスを記録した、グラミー賞受賞のジャス・トランペット奏者です。

一度聴いてみたいと思っていたアーティストだったので、チケットを持っていた知人から「予定していた人が急用で行けなくなったので、良かったら行きませんか?」と、お誘いのお電話icon82をいただいたときは「ぜひお願いします」と、お返事した次第ですicon09

開演から丸2時間、休憩なしの公演icon65は、ボッティ氏はもちろんの事、バンドメンバー全員が、レベルの高い、自己主張の明確な(でも決して押しつけがましくない)、個性あふれる演奏に、時間icon133がたつのも忘れるくらい魅了しました。

「演奏会=クラッシック音楽」の私には、楽しく良い体験となったコンサートでした。

最後に、アクロス福岡で、PAを使用したコンサートを聴いたいのは、この日が初めてでした。
各楽器の音のバランスから、PAを使用せざるを得ないのでしょうが、できれば、皆さんの生音を聴いてみたかったのが、唯一残念でした。  



2011年11月16日


11月13日(日)、NHK北九州放送局主催のサンデーコンサートicon65に出演しました。上記は、主催者が用意してくださった、当日のプログラムですface01

このコンサートicon65は、先日このブログicon81でも紹介しましたように、クラリネットの友人2人とピアノで共演しました。

演奏会のタオトルどおり、曲目は「名手のためのクラリネットの名曲」ばかりface08

サンデーコンサートという名のように、日曜日のお昼は、散歩気分icon01でNHK北九州放送局icon13へ来て、気軽にクラッシックの生演奏をface02・・・というよりは、北九州市立響ホールへ行って、堅苦しいクラッシックの演奏会を聴くような感じだったと思われますface04

しかし、お客様は微笑ましく好意的に演奏を聴いてくださりface01、本当に有難い限りでした。
反面、演奏する我々は、全ての曲が超ハイレベルのため、笑顔どころか必至icon09のひとときでした。

でも今回は、緊張の中にも、友人への絶対的信頼感と連帯感が充満していて、私にとってはとても意義深い、貴重な体験をした演奏会でした。

最後に、当日ご来場下さった観客の皆様に、それから、主催者のNHK北九州放送局の皆様に、そして、このコンサートに誘ってくれた2人の友人に、心より深く感謝申し上げます。  



2011年11月16日


私は、チェンバロ&ピアノの指導や演奏活動をする事が仕事です。
それ以外に「北九州市民通訳協会」に所属して、通訳のボランティア活動をしております。

会員としての活動は微々たるものですが、会の役員として、会報紙発行を担当しております。

協会の会報紙は、年に3回くらい発行します。
発行時期は不定期です。つまり、会員が執筆した原稿が、編集できるだけ集まったら発行するシステムです。

会報紙担当になってはや5年。
自分の仕事の状況に合わせて務めてきました。

ちなみに、今回の会報紙には、先日このブログにも掲載した「日蘭平和交流事業2011」の活動も載せております。しかし、残念ならが会報紙は非公開なので、他の原稿も含めて、ここには掲載できません。

でも、協会会員は、自分の仕事をしつつ、通訳の活動にも従事して頑張っております。
例えば、最近携わった催しに「北九州市主催の国際車椅子バスケットボール大会」があります。
北九州市民通訳協会が活動しているのを見かけた時は、ぜひお声をかけて下さると嬉しく思います。  



2011年11月12日

11月10日(木)、水巻町の小学校で催された「オランダ友好交流会」に参加しました。

この催しは、外務省主催の「日蘭平和交流事業」の一環で、日本軍に捕虜生活を強いられたオランダ人たちの、水巻町にある慰霊塔訪問を兼ねて、町内の小学校の児童と交流するプログラムです。

私は今年で4年連続のボランティア参加で、毎年、通訳と式典のピアノ演奏を担当しております。

4回目ともなると、催しの流れはある程度わかっているので、準備等は問題ありません。
しかし、来日されるオランダの人たちは、戦争により、心に深い傷をもっていて、一人ひとりそれらが異なる事から、毎回、短い時間で温かく接する事に、神経を使っております。

ただ、今年のグループは、総体的に皆さん柔和な表情で、態度も好意的でした。特に私の担当の女性は70歳と、グループの中で一番若かった人なので、なおさらでしょう。

今年はマスコミもほとんどいなくて、仰々しくなく、最後までアットホームな雰囲気のまま、催しが終わりました。

終日学校で過ごして、いろいろな事を学んだ1日でした。  



2011年11月08日

演奏会のリハーサルicon65で若松に行ったある日の出来事です。

9:30からリハーサルを始めて、休憩を挿んで13:00に終了。

その4分後に市営バスicon18に乗り、15分後に若松駅へ到着。

それからJRicon42に乗り換えるのですが、接続が悪くて次の電車の発車時刻は30分後face07

ゆえに、待ち時間を利用して、クロワッサンのおいしいお店に行きました。

それから、13:50発のJRicon42に乗り、折尾駅で乗り換えて、中間駅に到着したのが14:26。

ここから西鉄バスicon18に乗り換えるのですが、再び接続が悪くて、次のバスの発車時刻は40分後icon196
時間を潰すにも、駅の周辺には喫茶店icon153もコンビニicon173もありませんicon15
仕方がない・・・と自宅まで歩くface12ことにしました。

周りを見ていると、同じ電車icon42から下車した利用客全員が、バスicon18がないからと住宅街に向かって歩いています。

結局、帰宅したのが15:00過ぎ、リハーサルに3時間半、リハ―サル会場の往復に3時間半、全身運動icon16をした1日でした。

そういえば、先日の九響のリハーサルの時も、午後の早い時間帯はバスicon18の接続が悪く、天神でバス待ち1時間強でした。午後の時間帯は利用客が少ないゆえ、列車icon42やバスicon18の本数も少なくならざるを得ないのでしょうね。  




< 2011年11>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved