2011年02月21日

チェンバロについてPart3-1

「チェンバロ」という楽器についての、シリーズ3回目です。

1回目は、チェンバロが西ヨーロッパの古い鍵盤楽器である事、その起源と語源、そして、国によって呼び名が異なる事を書きました。

2回目は、チェンバロという楽器の形、構造と音を出すしくみについての説明をしました。

チェンバロは、見た目から、よく「ピアノの小型版」と言われます。

きっと、チェンバロとピアノ、どちらも、鍵盤が付いていて、形が似ているからでしょう。

でも、私は前回、「チェンバロにはさまざまな形のものが存在します」と、お話しました。

つまり、チェンバロは、ピアノの形に似ている楽器もあれば、そうでない楽器もあるという事です。

今回は、ピアノとチェンバロを比べてみる前に、まずは「鍵盤楽器」について、お話します。

通常、「鍵盤を用いて演奏する楽器の総称」として「鍵盤楽器」という呼び方をします。

鍵盤楽器の中で、最も古くからあるのは「オルガン」です。

オルガンは、「2000年以上前の、エジプトが発祥の地」との事で、水車の力を利用して空気を送り、弁の開け閉めによって音を出すカラクリ(オルゲル)です。

のちに、これがギリシャに渡り、大掛かりな楽器へと発達しました。



同じカテゴリー(チェンバロ)の記事画像
生徒さんのFBより(教室ご案内)
チェンバロ・ピアノ教室の概要
ピアノとスピネットの音楽教室
フレミッシュのチェンバロ教室
フレンチのチェンバロ教室
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(チェンバロ)の記事
 モダンピアノでバッハ、フォルテピアノでモーツァルト&ベートヴェン (2018-05-11 17:44)
 生徒さんのFBより(教室ご案内) (2018-04-28 20:50)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-03-08 17:20)
 ピアノとスピネットの音楽教室 (2018-03-06 18:53)
 フレミッシュのチェンバロ教室 (2018-03-06 16:57)
 フレンチのチェンバロ教室 (2018-03-06 16:51)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。