2011年10月01日

私の力だけでは・・・。

チェンバロやピアノの演奏の機会をいただく度に思う事があります。

それは、演奏する楽器の「調律・調整・整音の状態」です。

演奏会で、ピアニストが自分自身でピアノの調律をする事(稀にそのようなピアニストがいるかもしれませんが…)は、ほとんどないですよね。

チェンバロは、奏者自身で調律をします。
しかし、自分より腕の良い調律師さんに立ち会っていただくと、より良い状態の楽器で演奏ができます。

これはあくまで、私個人の意見なので、他の奏者にあてはるかどうかはわかりません。

その日の楽器の状態は、良くも悪くも、演奏にかなりの影響を及ぼしていると思われます。
だから、私にとって鍵盤楽器の調律師さん達は、なくてはならない、とても大切な人達で、彼らのご協力のお陰で、演奏に集中できるのです。

この事を痛感する度に、それらの事を私に教えて下さった調律師の方々、故佐々木和也氏、エクアドルでNo.1のLuis Verdugo氏(彼はピアノ製作者でもあります)、エクアドル国立音楽院派遣前に、JICAの依頼で調律についてご指導下さったYANAHAの調律師の方々を思い出します。

そして、現在お世話になっている調律師の方々、N氏、A氏、E氏、M氏には、改めて、今後ともご尽力のほど、お願い申し上げる次第です。



同じカテゴリー(チェンバロ)の記事画像
生徒さんのFBより(教室ご案内)
チェンバロ・ピアノ教室の概要
ピアノとスピネットの音楽教室
フレミッシュのチェンバロ教室
フレンチのチェンバロ教室
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(チェンバロ)の記事
 モダンピアノでバッハ、フォルテピアノでモーツァルト&ベートヴェン (2018-05-11 17:44)
 生徒さんのFBより(教室ご案内) (2018-04-28 20:50)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-03-08 17:20)
 ピアノとスピネットの音楽教室 (2018-03-06 18:53)
 フレミッシュのチェンバロ教室 (2018-03-06 16:57)
 フレンチのチェンバロ教室 (2018-03-06 16:51)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。