2011年09月29日

きれい・綺麗・キレイ



このお花、「きれい」でしょう。

9月23日(祝)の九響北九州定演で、いつも私を応援して下さる方からの贈物です。

いただいた日から、自宅の床の間に飾り、花かごの後ろには、母製作の掛け軸がかかっております。
ただ、写メしたのが5日後の28日だったので、いただいた時より、かなり花は開いてしまいましたが…。


話が変わって、今回の演奏会で「きれい」「美しい」「すてき」という言葉を、何度も耳にしました。

まず、贈物でいただいた、花束・花かごを見た全ての方々が「きれいね~ぇ」と、褒めて下さいました。

次に、事務局指定の上下黒の演奏会当日の衣装。
上着は、母の絵羽織をリフォームしたものです。

海外生活で「日本人らしさ」を意識した私の思いに、リフォームを得意とする母の友人が、デザインを考えてくれ、着物や帯をステージ衣装に変えました。彼女のおかげで、これらの衣装はとても好評です。

それから、私の演奏時の横顔と姿。
自分でお話するのも恥ずかしいのですが、今回も「横顔がとてもきれい」とか「演奏している姿が美しい」とか、お褒めの言葉をいただきました。

最後に、私の発するチェンバロの音色について。
北九州市立響ホールにて、ホール所蔵のチェンバロを演奏する度に、
「あなたの音色はとてもきれいですね」「美しい音ですね」「チェンバロって繊細な音なのね」「すてきな音がでる楽器なのね」などの、お言葉をいただきます。

美しい言葉を聞くと、心が豊かになります。
私の音感教育の恩師の故佐々木基之氏や、専属のピアノ調律師の故佐々木和也氏は、音は心と耳で聞いて発するものだと、おっしゃっていました。

音楽家だからというより、彼らの言わんとする事は、人としての在り方に通じると、痛感します。










同じカテゴリー(日常のつぶやき)の記事画像
生徒さんのFBより(教室ご案内)
勉強会2018・・・皆さんのコメント
教室の勉強会&懇親会2018
分離唱
ヒストリアツアー2017
薪能2017
同じカテゴリー(日常のつぶやき)の記事
 モダンピアノでバッハ、フォルテピアノでモーツァルト&ベートヴェン (2018-05-11 17:44)
 生徒さんのFBより(教室ご案内) (2018-04-28 20:50)
 教え子たちはプロの音楽家に (2018-04-17 17:23)
 鶯の鳴き声に慌てて・・・ (2018-04-13 17:28)
 ヴァイオリンとピアノの夕べ2018 (2018-03-30 16:43)
 ヴラマンク展 (2018-03-05 17:11)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。