音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2011年02月15日

今日は、チェンバロやピアノ、アンサンブルやソルフェージュのレッスン を受けて下さっている、生徒さん達や、ご父兄からいただいた、ご感想を、下記にご紹介したいと思います 。



 「楽器の前で練習するばかりがすべてではなく、いかに効率よく時間を使って、楽譜を読み込み、考えながら練習していくかが大切」という、先生の指導を、レッスンの度に痛感しています。
先生に教わって4年目になりますが、自分が進歩しているのが実感できます。

 レッスンでは、子供の目線で音楽を教えてくださるだけでなく、先生は音楽を通じて、人間教育の一環としてレッスンをされており、子供を一人の人間として尊重して接してくださり、家庭や学校では見えていない、子供の個性を伸ばそうと、取り組んで下さる姿勢に、親として有難く感謝しております。

 学生時代から長年の夢だったチェンバロ教室が近くにあって、定期的に習えるなんてまさに夢が叶うとはこの事だろう。

 ピアノを習っている子どもは、学校でも数え切れないほど多くいるが、チェンバロを習っている子はまわりに誰もいないので、特別な事を勉強しているような優越感がある。

 チェンバロという、希少な楽器をレッスンの度に触って、音楽の基礎や、チェンバロが活躍していた時代の音楽知識を学べることは、自分のピアノ教師としての仕事に、おおいに役に立っております。

 先日TVで音楽家の坂本龍一さんがチェンバロを弾いていたが、指はよく回っていたけど、チェンバロらしい独特の音色が響きに表われていなくて、音を醸し出すという点では、「3年間勉強した自分のほうがうまいな、勉強しただけ上達しているな」と、実感しました。これも先生が根気よく丁寧に教えてくださるお陰です。



上記のご感想を下さった方々は、子供から大人まで、また、初心者から音楽の専門教育を受けて、それを仕事としている人まで、様々です。


このような人たちとの出会いが、私を音楽家として、また、人としても、成長させてくれます 。

出会った人とのご縁を大切に、さらなる精進をと痛感するこの頃です 。



同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
薪能2017
第19回別府アルゲリッチ音楽祭
モラゲス木管五重奏
チェンバロ教室勉強会2017・・その1
チェンバロ教室勉強会2017・・その2
ギュルシン・オナイ ピアノリサイタル
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 北九州国際音楽祭2017 (2017-11-12 17:03)
 マスタークラス2017 (2017-11-03 17:04)
 生徒さんの言葉 (2017-10-30 16:41)
 新・福岡古楽音楽祭2017 (2017-10-29 16:54)
 AMAコンクール2017予選 (2017-07-27 18:45)
 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団2017 (2017-07-18 15:43)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved