音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2011年02月15日

今日は、私が指導している音楽教室の生徒さんたちの、レッスンに対するご感想の一部を紹介します。

【生徒さんの声】

●レッスンを受ける事で、仕事など日々のストレスを解消して自身を癒すひとときです。

●昔ピアノを習っていたので、再チャレンジしたいと受講し始めました。
生徒の目線で教えてくださるので、自分のペースで学べてよいです。

●子供の頃からピアノを習って、長年弾いてきましたが、教えていただく演奏技術や音楽知識は、私が知らなかった事ばかりで、毎回のレッスンが目から鱗です。

●先生の出演したコンサートで演奏を聴き、その演奏レベルの高さにすごい人だと思いましたが、それだけではなく、指導されるほうも、すばらしいです。 

●レッスンはマンツーマンで、生徒さん一人一人の、レベルはもちろんの事、年齢や性格も異なるにもかかわらず、先生は各々の生徒に対応して教えられる、その教える技術、および、集中力と体力にも先生のすごさを感じました。

●先生の室内楽レッスンは、今まで自分が習っていた声楽家の先生達から教えていただけなかった内容を、毎回多く学ばせてもらっています。
時代背景とスタイルに沿った楽譜の読み方、読み込んだ楽譜をどのように歌で演奏表現するか、また、楽譜上での伴奏者の役割等、声楽家として、発声以外の基本を学ぶ事ができて、さらに自分の歌に磨きがかかったと実感しております。
加えて、自分の弱点である、言葉の発音や、歌詞の解釈およびメロディとの関連性を、語学が堪能な先生から教えてもらえ、有難く思います。

●チェンバロ自体が希少価値な楽器なので、それを見て触れることができるだけでも、珍しい事なのに、規則的にレッスンを受けられるなんて、北九州では先生の教室でしかできませんね。

●レッスンで聴くチェンバロの音色に癒されます。


皆さんからお誉めの言葉をいただき、ますます努力精進せねばと、痛感する日々です。



同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
薪能2017
第19回別府アルゲリッチ音楽祭
モラゲス木管五重奏
チェンバロ教室勉強会2017・・その1
チェンバロ教室勉強会2017・・その2
ギュルシン・オナイ ピアノリサイタル
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 北九州国際音楽祭2017 (2017-11-12 17:03)
 マスタークラス2017 (2017-11-03 17:04)
 生徒さんの言葉 (2017-10-30 16:41)
 新・福岡古楽音楽祭2017 (2017-10-29 16:54)
 AMAコンクール2017予選 (2017-07-27 18:45)
 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団2017 (2017-07-18 15:43)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved