2011年02月15日

私の仕事は・・・。



周りの人が私を紹介して下さる時は、「チェンバロ奏者」とか「ピアニスト」と言って下さるが、私自身は自己紹介の際、「チェンバロとピアノを教えています」と言っている。

演奏より教えるほうが主だと思っているからだ。

指導の内容には、チェンバロやピアノを弾く技術だけでなく、楽器を演奏するための知識である、ソルフェージュ、音楽理論、和声学に音楽史も関連して教えているし、また、ヨーロッパの音楽学校では別科として設けられている「室内楽」も教えている。

日本では「室内楽を教えいてます」と言ってもピンと来る人は少ないと思う。

室内楽のレッスンは、当たり前だが生徒さんはピアノやチェンバロではなく、管楽器や歌など、私が弾かない楽器で私のレッスンを受けてもらう。

はたから見ると、何を教えてもらっているのか??と、思うかもしれない 。

生徒さんの専攻楽器の演奏法は、各々その種の先生から別途指導してもらい、それらの基礎がある前提で、私が、楽譜の読み方、時代の音楽スタイル、合わせに対するバランスのとり方、歌の場合は、言葉の発音から音楽的処理まで、などなど、フランスで室内楽のレッスンを受けてきた事を基に指導する。

もちろんレッスンの際は、生徒さんが持参した曲の伴奏をしながらの指導なので、譜読みや練習などの前もっての準備で大変だが 、これが自分にとって、かなり良い勉強になるもの事実。教える仕事をする限り、常に勉強せねばと痛感する日々です 。



同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
チェンバロ・ピアノ教室の概要
フレミッシュのチェンバロ教室
ピアノとスピネットの音楽教室
フレンチのチェンバロ教室
生徒さんのFBより(教室ご案内)
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 Best of Classic公開収録2018 (2018-07-02 17:18)
 ロシア・ナショナル管弦楽団2018 (2018-06-25 17:20)
 Beetoven詣2018 (2018-06-14 17:56)
 PTNA予選2018 (2018-06-11 17:36)
 カリキュラムは無限に (2018-06-05 18:59)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-06-02 16:58)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。