2017年12月07日

和音から入るピアノ教則本

<分離唱>を考案された、私の音感教育の師匠である故佐々木基之先生は、<分離唱>に関する著書「耳をひらく」「耳をひらいて心まで」に加えて、「楽しくすすむ 佐々木ピアノ教本 ~和音から入る音感教育~ 作曲・即興への入門」というピアノ教本(楽譜)も出版されておられ、この教則本は、初版からすでに65年以上たちますが、改訂を重ねて現在に至っておりますface01

この教本の一番の特徴は、【和音から入門する】事ですface08

私がピアノicon58を習い始めた子供のころと違って現在は、巷に存在するピアノの教本は数えきれないくらい多種多様ですが、和音から入るピアノ教本はほとんどないと思われますface06
和音から入る勉強法は、音感を身につけながら、手の形を含めてピアノを演奏する際の自然な体の使い方ができる事ですicon100

佐々木先生のレッスンを受けて以来、「ピアノ(鍵盤)初心者」や「手や指に癖のある生徒さん達」には、「楽しくすすむ 佐々木ピアノ教本」をお薦めして、ひととおり勉強してもらっていますface01



同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
チェンバロ・ピアノ教室の概要
フレミッシュのチェンバロ教室
ピアノとスピネットの音楽教室
フレンチのチェンバロ教室
生徒さんのFBより(教室ご案内)
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 Beetoven詣2018 (2018-06-14 17:56)
 PTNA予選2018 (2018-06-11 17:36)
 カリキュラムは無限に (2018-06-05 18:59)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-06-02 16:58)
 フレミッシュのチェンバロ教室 (2018-06-02 16:57)
 ピアノとスピネットの音楽教室 (2018-06-02 16:53)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。