音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2017年01月14日

先日、アクロス福岡シンフォニーホールで催されたコカコーラウエスト株式会社主催の「ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤーコンサートicon65」に行ってきました。

このコンサートicon65は、コカコーラウエスト株式会社が「地域社会貢献活動の一環として、地域の皆様に質の高いクラッシック音楽icon58を楽しんでいただきたいという想いから、平成元年より実施しているご招待コンサート」で、今回で93回目face08との事です。

ウィーン・リング・アンサンブルは、ウィーンの音楽icon64を演奏するために結成された、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の腕利きの主要メンバー9人からなるグループで、今回のコンサートicon65ではプログラムに掲載されているように、ウィーン情緒の香り高い作曲家、シュトラウスファミリーやツィーラー、ランナー達のワルツ・ポルカの演奏を、ウィーンに寄せる彼らの愛情と誇りを痛感させ、聴く者をこの上ない幸福感で満たしてくれましたface01

定番の「南国のバラ」や「皇帝円舞曲」、アンコールには「美しき青木ドナウ」や「ラデツキー」など、どの演目もすばらしかったですが、私は特に気に入ったのが「シューベルトのメドレー」でしたface01
シューベルトはウィーン生まれの音楽家ですからね。

あと、曲目ではないですが、彼らの演奏で特に印象に残っているのが、ユニゾンの音がとてもクリアーでピッチが整っていたことでしょうかface02

音感教育の権威だった故佐々木基之先生から指導を受けた「分離唱icon64」で鍛えた耳をもってして演奏を聴くと、このアンサンブルの9パート(各パートを1人で演奏する)の音が良く聞えてきて、音楽の面白さを満喫できました。やはり超一流のメンバーはやはり腕が違いますicon22

最後に会場内のアナウンスで、「ご招待1800人に対して、14000強の応募があったface08」と放送されました。ちょっとしたお年玉をいただいた気分で聴衆の皆さんもウィーンの音楽icon64を満喫したことでしょう。





同じカテゴリー(趣味)の記事画像
ヒストリアツアー2017
薪能2017
お花見2017
出光美術館と門司港観光
書中お見舞い申し上げます
コンベンション研修会2016
同じカテゴリー(趣味)の記事
 北九州国際音楽祭2017 (2017-11-12 17:03)
 ヒストリアツアー2017 (2017-11-06 16:42)
 後期・広重ビビッド (2017-10-14 17:14)
 終わってみれば・・・。 (2017-09-22 14:00)
 薪能2017 (2017-06-09 16:01)
 秋川氏のテノールコンサート (2017-05-03 17:37)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved