2016年10月07日

アクロス・ランチタイムコンサートvol.53

10月4日(火)、朝から高速バスicon18で「アクロスランチタイムコンサートvol.53icon64」を聴きに行ってきましたface01
このコンサートicon58は、新・福岡古楽音楽祭2016icon64のプレイベントでもあります。

当日の演目は「テレマン(1681~1767)のパリ四重奏よりNo.4&6」。
バロック音楽と言えば「バッハ」と思う人が多いですが、テレマンは当時、バッハをもしのぐ名声ある音楽家です。
ただ、バッハ以外のバロック音楽家の曲を生で聴く機会って(都会なら別ですが)なかなかないので、とても興味深く聴きましたface02

バロック・フルート、バロック・ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロという楽器構成で、どの演奏者も一流の技量をお持ちの音楽家ばかりですが、やはり私の立場上、低音部を担当するヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロの演奏に耳が聴きいってしまいました。
ヴィオラ・ダ・ガンバの表情豊かな音質&表現力と、チェンバロの多彩な構築力は、とても良い通奏低音の勉強になりましたface01

フランス留学時、師匠から「古楽の世界は、一生かかっても勉強し終えないくらい、膨大な量の曲があるからface08」と言われており、本当にまだまだ勉強することばかりだと痛感するこの頃ですface06
今週末は「新・福岡古楽音楽祭」、楽しみながら勉強してきますface01




同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
生徒さんのFBより(教室ご案内)
チェンバロ・ピアノ教室の概要
ピアノとスピネットの音楽教室
フレミッシュのチェンバロ教室
フレンチのチェンバロ教室
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 モダンピアノでバッハ、フォルテピアノでモーツァルト&ベートヴェン (2018-05-11 17:44)
 生徒さんのFBより(教室ご案内) (2018-04-28 20:50)
 教え子たちはプロの音楽家に (2018-04-17 17:23)
 鶯の鳴き声に慌てて・・・ (2018-04-13 17:28)
 ヴァイオリンとピアノの夕べ2018 (2018-03-30 16:43)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-03-08 17:20)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。