音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2016年09月26日


私の音楽icon65教室には、ピアノicon58の先生や演奏活動をされる方が、「バロック音楽、特にバッハの諸作品を学び直したい・・・」と、ピアノicon58やチェンバロicon64のレッスンicon65に来られます。

彼らのレッスンicon65での共通点は、「装飾音の入れ方」と「アーティキュレーションの付け方」についての質問が多い事ですface08

バッハをはじめとするバロックの演奏にはこれらが曖昧だと、いくらピアノの演奏技術をお持ちでも、曲の魅力が十分に表現できませんface07
また、演奏する曲目の時代背景や様式を把握することも必要です。

それと、当時の鍵盤楽器にはなかった「ペダル」ですが、ピアノで弾くバッハにはペダルも必要で、それをどのように活用するか?も考えなければなりませんねface06

ピアノicon58教育において、バッハをはじめとするバロック音楽の指導が不可欠になってきている昨今、バロック音楽の理解を深めることで、ピアノicon58演奏も変わってきて、ピアノicon58の指導にも大いに役立ちますface02

現代ピアノの特性を生かしつつ、バロック音楽のスタイル(様式)に近づける演奏に興味をお持ちの方は、左上のオーナーicon30メッセージよりお尋ねくださいface01


同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
分離唱
薪能2017
第19回別府アルゲリッチ音楽祭
モラゲス木管五重奏
チェンバロ教室勉強会2017・・その1
チェンバロ教室勉強会2017・・その2
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 クリスマス クラッシックコンサート2017 (2017-12-28 16:58)
 チェンバロはピアノ上達への近道 (2017-12-24 18:50)
 和音から入るピアノ教則本 (2017-12-07 16:40)
 分離唱 (2017-11-26 17:14)
 北九州国際音楽祭2017 (2017-11-12 17:03)
 マスタークラス2017 (2017-11-03 17:04)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2018/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved