音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2016年09月15日

私のピアノ&チェンバロ教室icon64についてお話をする機会がある度に、「先生の教室はレベルが高いから・・・」とよく言われますface08
たぶん皆さんは、私のicon64教室・・・というより、「チェンバロという楽器に対して、「格式が高い」と思われるようです。そこで、



こんな生徒さんに来ていただきたい!
「チェンバロ編」、レベル別に列記しますface01

初心者の方
楽譜がよく読めなくても、指が左右別々に動かなくても大丈夫icon105です。チェンバロは、 ピアノより鍵盤が軽く身体的負担がないので、小さなお子さんや年配の方にお勧めface01です。それに、王侯貴族の子女のレッスン用に作られた「易しいけれど芸術的」なレパートリーが豊富icon22なので、遠い昔のヨーロッパ宮廷音楽をあなたの手で甦らせみませんか?

ピアノ経験者なら
昔ピアノで弾いた「バッハなどバロック音楽の楽譜」をチェンバロで鳴らしてみませんか?もともとチェンバロのために作られた曲がほとんどゆえ、チェンバロで弾いてみると美しいと思います。ピアノが弾ける人にとってチェンバロは楽しめる楽器ですface02

ピアノ指導者&演奏者には
ピアノ教育に欠かせないバッハの諸作品は、 作曲された当時はどのように演奏されていたのでしょう? チェンバロでの演奏を身をもって体験することで、 ピアノ教育におけるバッハの役割をどのように位置付けるか、 ピアノでの演奏に際して何を変え何を残すのか、 確かな自信が得られると思いますicon100。 また、 16世紀からバッハ以降にわたるチェンバロ音楽には膨大なレパートリーがあり、 音楽理論の深い理解と即興演奏能力が求められるそれらのレパートリーに親しむことで、 古典派以降のピアノ音楽の演奏にも役立ちますface02


★チェンバロ購入の必要はありません。

初心者から音楽を専門(仕事)とする方、チェンバロに触れてみたい方、バロック音楽を学びたい方(ピアノもOK)、奏法の基本や音楽理論・歴史を勉強したい方など、子どもから大人まで、それぞれのレヴェル・ご希望にあわせたレッスンをいたしますface01
お気軽に「左上のオーナーメッセージicon30へ」お問い合わせくださいface02


※参考資料として下記をご覧ください。

【教室概要一覧】
 http://musique.yoka-yoka.jp/e647196.html

【チェンバロ教室(北九州市八幡西区)】
http://musique.yoka-yoka.jp/e1822242.html
【ピアノ&チェンバロ教室(中間市)】 
 http://musique.yoka-yoka.jp/e1824513.html
【響ホール内チェンバロ教室】 
 http://musique.yoka-yoka.jp/e1824510.html
 http://www.hibiki-hall.jp/files/chennbaro%20H27.1.22.pdf

【2017年度のレッスン日程(予定)】
 http://musique.yoka-yoka.jp/e1985716.html



同じカテゴリー(レッスン(教室)概要)の記事画像
チェンバロ・ピアノ教室の概要
チェンバロ・ピアノ教室の紹介
こんな方に・・・<ピアノ教室編>!
フレミッシュのチェンバロ教室
ピアノとスピネットの音楽教室
フレンチのチェンバロ教室
同じカテゴリー(レッスン(教室)概要)の記事
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2017-01-04 10:59)
 チェンバロ・ピアノ教室の紹介 (2017-01-04 10:56)
 こんな方に・・・<ピアノ教室編>! (2016-09-23 16:44)
 フレミッシュのチェンバロ教室 (2016-08-29 16:57)
 ピアノとスピネットの音楽教室 (2016-08-29 16:55)
 フレンチのチェンバロ教室 (2016-08-29 16:51)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved