2016年05月29日

素晴らしいという言葉だけで表現できない

5月26日(木)夜、世界的ピアニストで別府アルゲリッチ音楽祭でも有名なアルゲリッチ氏と彼女の仲間たちのコンサートicon65を聴きに、北九州のソレイユホールへ行きましたface01

初めてアルゲリッチ氏の演奏icon58(その時はソロリサイタルでした)を聴いたのが音大時代、改装前の大阪フェスティバルホールです。
その後、別府アルゲリッチ音楽祭icon64の催しで、室内楽を聴く事がありましたが、いつ聴いても彼女の演奏は賞賛の言葉がないくらいすばらしいものですface01

今回、彼女が演奏icon58されたのは、モーツァルトの2台ピアノのための曲にプロコフィエフのバイオリンソナタでした。どちらも有名な曲だったので、なおのこと聴きごたえがありました。加えて、アンコールにスカルラッティのソナタを、つまり独奏曲を演奏してくださいましたface08

通常、コンサートicon64を聴きに行っても、「今日は言葉で表現できないくらい素晴らしかったという満足感」は、なかなか得られないものですが、これだけの演奏を、それも地元で聴くことができるのは、本当になんて幸運なんだろうと思いますface02

余談ですが私は、自分自身が勉強のために周りを気にせず集中して聴きたいコンサートicon64は、いつも私の音楽活動を応援してくださるF先生を除いては、できるだけ独りで聴きに行くようにしていますface06
今回もその類で、コンサート終了後、電車の接続の関係から早々と会場を後にしようとしていたところ、自宅近くにお住まいでオペラの合唱をされている知人夫妻と偶然face08ばったり会い、帰りは彼らのご厚意で車icon17の同乗、早く帰宅できましたface02



同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
生徒さんのFBより(教室ご案内)
チェンバロ・ピアノ教室の概要
ピアノとスピネットの音楽教室
フレミッシュのチェンバロ教室
フレンチのチェンバロ教室
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 モダンピアノでバッハ、フォルテピアノでモーツァルト&ベートヴェン (2018-05-11 17:44)
 生徒さんのFBより(教室ご案内) (2018-04-28 20:50)
 教え子たちはプロの音楽家に (2018-04-17 17:23)
 鶯の鳴き声に慌てて・・・ (2018-04-13 17:28)
 ヴァイオリンとピアノの夕べ2018 (2018-03-30 16:43)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-03-08 17:20)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。