音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2011年02月15日

チェンバロ(ハープシコード)とピアノの指導者&奏者。

大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。フランス国立ペルピニャン音楽院にて「チェンバロ・ピアノ室内楽・ソルフェージュ」のディプロム取得。ウィーン国立音大春期セミナー、モスクワ国立音楽院セミナー、ハワイ大学名誉教授故ピーター・コラッジオ氏主催「アート・オブ・ピアノセミナー」などで研鑚。JICA国際協力機構のJOCV(青年海外協力隊)よりエクアドル共和国へ派遣、元エクアドル国立音楽院ピアノ科教授。

今までに、HCJBエクアドル放送局主催「公開生放送ピアノソロリサイタル」、北九州音楽協会主催「 第17&19&22回会員演奏会」など多数の演奏会に出演。室内楽奏者としては「第8回エクアドル国際フルートフェスティバル」の公式伴奏ピアニスト、在福岡米国領事館広報部主催「Summer Concert 2007」でソプラノ歌手のミッシェル・バロン氏と、KMFカンマームジーク主催「宮武きみえとN響の仲間たちVol.17」でN響ファゴット首席奏者の水谷上総氏と、その他多くのソリスト達と共演。また、通奏低音(コンティヌオ)奏者として、響ホール室内合奏団や九州交響楽団などとも共演を果たす。

また、文化庁の「学校への芸術家等派遣事業」、幼稚園・小学校等への訪問演奏、国際交流のチャリティコンサートなどの音楽普及活動にも積極的に取り組み、その他、外務省主催「日蘭平和交流事業」「北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会」「インターナショナル・ミュージック・アカデミー in 北九州」など、通訳ボランティアにも精力的に携わる。

現在、北九州市立響ホール内のチェンバロ教室をはじめ、北九州市内・下関市・中間市の音楽教室にて、チェンバロとピアノの後進の指導に力を注いでいる。日本チェンバロ協会正会員、大阪音楽大学音楽人材登録演奏家、北九州音楽協会理事、北九州市民通訳協会会員、(公財)西日本産業貿易コンベンション協会ボランティア会員、北九州日米協会会員。



同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
薪能2017
第19回別府アルゲリッチ音楽祭
モラゲス木管五重奏
チェンバロ教室勉強会2017・・その1
チェンバロ教室勉強会2017・・その2
ギュルシン・オナイ ピアノリサイタル
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団2017 (2017-07-18 15:43)
 Y先生のリサイタル2017 (2017-07-04 17:09)
 薪能2017 (2017-06-09 16:01)
 第19回別府アルゲリッチ音楽祭 (2017-05-24 16:37)
 モラゲス木管五重奏 (2017-05-12 17:14)
 秋川氏のテノールコンサート (2017-05-03 17:37)


※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved