2015年09月17日

第五回新・きたきゅう音楽塾

9月14日(月)午後、黒崎ひびしんホールへicon42行ってきました。

この日は黒崎ひびしんホールとクラスルーツが共催する「新きたきゅう音楽塾icon65」が催され、私の友人でピアニスト&ピアノ講師のY先生が講師となって、ピアノ演奏icon58とお話をされましたface02

Y先生が選んだタイトルが「水の風景・絵画とピアノ曲」、演奏曲目はリスト・ショパン・ドビュッシーとフランス関連の作品。

Y先生の実力とお人柄を知っているだけに、とても楽しい、かつ、有意義な講座になるだとうと、予想していたとおり、主催者が言うには「過去にない観客数と盛況ぶり」で、わかりやすい説明・トークとすてきで優雅なピアノの演奏に、会場はうっとり感と笑いが交互に飛び交い、1時間半の講座があっという間でしたface01

この音楽塾は、ほぼ毎月1回ワンコインのお値段で開催され、講師にはピアノだけでなく、声楽や打楽器、弦楽器などを専攻する地元の音楽家の方々が招かれており、毎回、一味もふた味も違った講座が拝聴できるようですicon100

私も久々にY先生にお会いでき、有意義な勉強をさせてもらえましたface03。Y先生、お疲れ様でした。



同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
生徒さんのFBより(教室ご案内)
チェンバロ・ピアノ教室の概要
ピアノとスピネットの音楽教室
フレミッシュのチェンバロ教室
フレンチのチェンバロ教室
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 モダンピアノでバッハ、フォルテピアノでモーツァルト&ベートヴェン (2018-05-11 17:44)
 生徒さんのFBより(教室ご案内) (2018-04-28 20:50)
 教え子たちはプロの音楽家に (2018-04-17 17:23)
 鶯の鳴き声に慌てて・・・ (2018-04-13 17:28)
 ヴァイオリンとピアノの夕べ2018 (2018-03-30 16:43)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-03-08 17:20)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。