2015年01月01日

指揮者講習会2014

12月28日(日)、「指揮者講習会の聴講」に博多へ行きましたface01

昨年に続き4年目の参加icon58
聴講する事で、日頃、機会のない「交響曲の読譜や指揮者の指示の読み取り」などを学んでおりますface01

ただ今年は諸事情で、私は1日目のみ聴講しました。
今年はベートーベン。受講者はピアノを相手に、指揮のテクニックや楽曲分析/表現力などの指導を受け、皆さんには年1回のこの講習に、真摯にぞまれている様子が手に取るようにわかりました。

課題曲が古典派だったこともあり、通奏低音をする私には、楽譜解説など大いに役立つことばかりで、一番印象に残ったのは、講師の先生がある生徒さんに言った「強弱以外で音楽を表現できるように・・」との言葉に、ずばり!古楽器そのものだと思った次第です。
モダン楽器の皆さん、古楽を勉強することで、モダン楽器の演奏に大いに役立ちますよface01




同じカテゴリー(レッスン便り)の記事画像
チェンバロ・ピアノ教室の概要
フレミッシュのチェンバロ教室
ピアノとスピネットの音楽教室
フレンチのチェンバロ教室
生徒さんのFBより(教室ご案内)
勉強会2018・・・皆さんのコメント
同じカテゴリー(レッスン便り)の記事
 Best of Classic公開収録2018 (2018-07-02 17:18)
 ロシア・ナショナル管弦楽団2018 (2018-06-25 17:20)
 Beetoven詣2018 (2018-06-14 17:56)
 PTNA予選2018 (2018-06-11 17:36)
 カリキュラムは無限に (2018-06-05 18:59)
 チェンバロ・ピアノ教室の概要 (2018-06-02 16:58)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。