音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2013年10月01日

9月27日(金)夕方、北九州バロックアンサンブル協会からのご依頼により、響ホールで催された、協会主宰の「チェンバロ体験講座icon65」で、講師を務めさせていただきましたface02。チェンバロ体験講座は、協会が主宰した「バロックアンサンブルセミナー」の一環として催されました。

講座では、初めてチェンバロに触れる10人の小学生達に、楽器の構造などのお話をした後、一人一人に楽器を体験してもらいましたface01
ほとんどの子供たちは、ピアノなどの鍵盤楽器の経験があることから、当日は、自分が演奏できる曲を持参してもらい、ホールの舞台にて、他の受講生や保護者の方々の前で、チェンバリストになった気分を味わってもらいましたicon100
鍵盤経験の短い、あまり曲が弾けなかった子供たちには、片手でメロディを弾いてもらって、私が連弾する形をとりました。
チェンバロ初体験の子供たちにとって、1時間の講座は短かったでしょうが、日頃、触れる機会のない楽器を、クラッシック専用ホールの舞台上で体験できた事は、大きな経験だったと思います。

これを機に、音楽やチェンバロに興味をもってくれる子供たちが増える事を願い、私はチェンバロ講師として、奏者として、今後も努力精進せねばと痛感する所存ですicon21

最後に、北九州バロックアンサンブル協会の皆様には、このような機会を与えてくださり、感謝する次第です。
そして、4日間にわたるセミナーにおいて、長期間・多方面にわたる労苦に、心よりねぎらいを申し上げたいと思います。


☆北九州バロックアンサンブル協会のHP http://baroquens.wix.com/kitakyushu
 ※フェイブックのアカウントを持っていらっしゃる方は、こちらもページがありますのでご覧ください。  


2013年10月01日

9月28日(土)、音楽教室icon65でのレッスン(仕事)の後、九響会員で多趣味、ご自身は合唱団で歌を歌っている、私のメル友、Iさんのお誘いで、北九州芸術劇場大ホールで催された「九州交響楽団第55回北九州定期演奏会icon58」に行ってきました。

この日のプログラムは、モーツァルトのクラリネット協奏曲にブラームスの交響曲と、クラッシックファンにはメジャーな曲face01
ゆえに、これらの演目を好むであろうと思われる聴衆に加え、クラリネット奏者のファンと思われる聴衆もあちらこちらに見受けられ、会場はそれなりに埋まっておりましたface08
演奏は興味津津に拝聴しましたが、以前私が共演させていただいた時のメンバーのほとんどを、舞台上でお見かけして、みなさんのお元気な姿とご活躍に、嬉しく思った次第です。

夕方開演の演奏会だったので、終了後はIさんと夕食をご一緒させていただきました。Iさんが連れていってくださったお店は、西小倉駅徒歩1分のところにあり、とてもすてきな風貌で、古風とモダンの共存したコース料理もとても美味しく、音楽を含めたいろいろなお話に花が咲き、1日の疲れも忘れるくらい、いつのまにか時間があっという間に過ぎて、1時間強かかる帰宅路につきました。  



< 2013年10>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved