音楽教室概要や今後の予定はカテゴリーをご覧下さい

2012年08月28日


8月26日(日)、北九州市の委託事業「平成24年度のチェンバロ体験教室icon65」が、北九州市立響ホール大ホールにて催されました。
私にとっては7回目の催し、主催者担当職員はほぼ毎回代われど、ご理解ご尽力のもと、おかげ様で無事に終わりましたface01

昨年度の担当者のご意向で、今年は催し内容をほぼ私に一任された事から、主旨の異なる3つのグループに分けて受講生の募集をかけていただきました。
偶然、開催日が日曜日になった事も重なり、各グループ定員を超える応募状況でface08、受講された皆様には、慌ただしかったでしょうがface07、グループレッスンのメンバーには考え方や音楽歴の似たような方々をご一緒にさせていただきましたので、こちらの意図する事は皆さんにくみ取っていただけたと思います。
主催者側の担当者からも「同じチェンバロ体験なのに、グループによって内容が異なり、雰囲気も違っていて、3つのグループを比べて見れた私にはおもしろかった」とご感想をいただきましたface01

余談ですが、今年は春ごろから、持病のアトピーが10年ぶりに悪化してしまい、体調不良の中での体験教室開催でしたので、無事に終了できた事に安堵しております。アトピーが顔に出ている私としては今年、マスコミ取材icon207がなかった事は幸いでしたが、帰宅後、家族は「今年はテレビicon13のニュースで放送されなかったな!」と言っていました。受講された皆様にとっては、ご自分の参加された催しが、テレビicon13や新聞で見られないのは残念な事だったかもicon60しれませんface07

最後に、受講くださった3グループ24名の皆様のご理解と、関係者の方々の多大なるご尽力に、この場をかりて、心より感謝申し上げ、御礼の言葉とさせていただきますface01。  



2012年08月28日


夏休み恒例となった「チェンバロ体験教室icon65」。ほぼ毎回、主催者側の担当職員は代わりますがface06、私にとっては今年で7回目face01

4回目の開催以降、当日の楽器の安定性を保つため、前日からホール舞台にチェンバロを設置して環境に慣れさせると同時に、予習と楽器の引込を兼ねて、私は朝から夕方までホール内で過ごしますface08

響ホールは、クラッシック専用ホールだけに、言葉で表現できないくらい音響がすばらしく、自分の作り出した音色がよく聴こえます。言い換えれば、良くない音もとてもクリア―に聴こえますface07ので、贅沢な時間と空間を使って勉強しております。

いつもだと前日は独りでホールにて過ごすのですが、今年は、昨年度の体験教室担当職員の計らいで、新たな試みが実施されました。
それは、響ホールチェンバロ教室の生徒さん達の日頃のご愛好に感謝の意を表して、通常のレッスンicon64を体験教室前日のホール舞台にて実施したことです。レッスンを受講した全員が、いつもと違う、楽器の音色や響きを耳で聴き、からだ全体で感じとったことに、驚きと、貴重な時間を過ごした充実感や満足感を持たれたようですface02。  



2012年08月19日


8月18日(土)、響ホールチェンバロ教室受講生のグループレッスンicon64を兼ねて、平成24年度チェンバロ体験教室事前講座icon65を催しましたface01

チェンバロ体験教室は、2006年(平成18年)から毎年、夏休み期間中に、北九州市立響ホールにて、催されてきましたが、事前講座を開いたのは今年が初めてですface02

事前講座開催のきっかけは、チェンバロ教室受講生のTさん達から、「いきなりホールの舞台にたつのも緊張するうえ、初対面の先生と他の受講生たちの前で演奏するのは大変、前もって、楽器に触れたり、先生とお話したりできる機会があれば、よいのでは?」というご提案から、主催者に交渉して実現した次第ですicon100

おかげ様で定員を超える申込があり、でも、時間に限りがある事から、数名の方はお断りする事となりましたが、暑さ厳しい中、受講決定者の皆様には、ほとんどの方が出席くださいましたface02

体験教室icon58本番当日は、催しが3部構成であることから、受講者の方々とお話する時間が全くとれず、申し訳なく、残念な思いを感じておりましたがicon15icon41、事前講座のおかげで、全員ではないけれど、前もって、おひとりおひとりとコミュニケーションがとれたのは大きな収穫ですicon14face01

本番まであと1週間、事前講座でお目にかかった方々と、当日お会いするのが今から楽しみですface01。  



2012年08月12日

















平成24年度チェンバロ体験教室開催日の8月26日(日)まで残り2週間icon133となりましたface01

先週末には、今年度の体験教室受講生さんのほとんどが、当日演奏する希望曲と調査票を返送icon163して下さいましたface01

そして毎回、私は、皆さんがご提出下さった内容を基に、グループ別の講座内容(テーマ)を考えたり、当日受講生の皆さんに配布する資料の原案を作成したりしますface04

資料原案は講師の私が作成しますが、当日お配りする資料は、催し主催の担当の方が受講生の人数分を作成・製本してくださいますface07。製本は手間のかかる作業だけに、担当者には有難い限りですface11

ちなみに、チェンバロ体験教室が始まった2006年からの資料は全て保管していますが、その年の受講生の傾向がよくわかりますし、また、担当の方がほぼ毎年代わるので、その方の思考もよくわかりますicon100

今年は何をポイントとした資料になるのか、それは当日までのお楽しみですが、原案提出は明日13日ですicon196

そして今年度はチェンバロ体験教室の前に「事前講座」もありますface08

暑い暑いicon01・・・・からとのぐ~たらの日々はひとまずお休みですface04。  




< 2012年08>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
オーナーへメッセージ
Copyright(C)2017/Le journal intime de musique de Kazumi        (和美さんのチェンバロ・ピアノ教室日記) ALL Rights Reserved